三島由紀夫の「豊饒の海」を再読したのだが、やはり失敗作と断じるしかない。24歳の時の「仮面の告白」と31歳の時の「金閣寺」は青年らしい悩みを描いた作品であり、成功作となった。40代前半に書かれた「豊饒の海」は畢生の大作を目指し、集大成となるはずだったが、完全に頓挫したのである。プログラマーは三十代半ばを過ぎれば明らかに衰えるし、作曲家も45歳では才能が枯れ果てて水一滴も出ないのが大半であり、52歳で第九を作曲したベートーベンはかなり稀な事例であるが、思想的なことに関しては、むしろ頭の柔らかさを失ってから傑作が生まれるものである。哲学者や思想家のピークは40代から50代であることが多いと言える。ハイデガーが37歳で「存在と時間」を書いたのは異例の早熟さであり、たいていの哲学者の主著は40歳以降である。カントなどは57歳の「純粋理性批判」以降に主要著作の大半を書いている。これより前に死んでいたらほとんど歴史に残っていない。三島由紀夫は小説家であるから、哲学者と比較するべきではないが、小説家でも、40代や50代で衰えを知らないのは普通にある。「豊饒の海」が愚作であるのは、人間について考えることを試みつつも、そこに認識の鋭さがなかったからである。「金閣寺」で青年期の悩みをあれほど鋭利に書いた作家であるのに、それがゆえなのか、夭折して転生を繰り返す若者の美しさと、それを見守る老人の醜さという対比しか描けなかった。三島由紀夫は45歳で自殺しているが、人類や人間について考えるなら、まだこれからという年齢のはずだ。ドストエフスキーなどは、45歳までろくな作品を書いていない。若い頃は、23歳の時の「貧しきひとびと」くらいしかまともな作品がないし、39歳の時に書いた「死の家の記録」は自身の獄中記であり、これはかなり読み応えがあるが、その翌年の「虐げられたひとびと」は後年の傑作の萌芽と言えつつも、中途半端な作品である。また43歳の時の「地下室の手記」も、後の傑作群の萌芽であるが物足りない。45歳の「罪と罰」でようやく、いろいろ模索していた方向で作品が結実した。これ以降は、「白痴」「悪霊」などの傑作を残し、「カラマーゾフの兄弟」を書き終えたところで、59歳で死去。カラマーゾフの兄弟は続編が予定されており、それは書かれずじまいだったが、60歳間近で芸術家として衰えを知らなかったのである。では、三島由紀夫が45歳で割腹自殺しなかったら、ドストエフスキーのような作品を書いていただろうかと考えると、たぶん難しいであろう。青白い青年として夭折の美学を描くのがスタイルであるから、「金閣寺」で総決算が済んでしまったと言えるし、初老の男が人間について考える「豊饒の海」のような路線は無理だったであろう。「豊饒の海」で主人公が夭折して転生していくという設定を使ったのは、青年期の苦悩を相対化する試みと言えるのだが、とてもつまらない作品に仕上がった。本多という狂言回しは三島由紀夫の分身であろうが、老いつつ若者の転生を見守る立場であり、単なる絶望しか生まれなかった。「春の雪」と「奔馬」では夭折する若者の人生を描き、小説としてまとまっているが、「暁の寺」と「天人五衰」では老醜への嫌悪が中心に描かれることになる。自分にしか関心が無く、人間や人類へと考察が広がらないのだから、阿頼耶識という借り物の概念も機能しなかった。釈尊は人間が老いて病んで死んでいくということに悩み、そこから仏教を生んだのだが、三島由紀夫は老病死で悩んだだけで、煩悩は一欠片も克服されなかった。絶筆となった「天人五衰」はすさまじい失敗作であり、これでは自殺したくなるのも当然と言えるのだが、この作品において80歳になった総入れ歯の老人である本多は夜の公園で若者の性交を覗き見して捕まるのである。また「天人五衰」の主人公である少年は偽者と判明して毒物をあおり、失明して生きていくことになる。若さを失うという苦悩を昇華する気がさらさら無く、むしろ居直って失敗作に仕上げたという印象だ。転生を繰り返すなら、その人生の繰り返しから、人間存在の課題を浮かび上がらせるべきなのだが、単に人生の一回性を薄めただけであり、そうやって何周もするところから人類を描くことは出来ず、最後はその試みを放棄したのである。これは仕方がないことであり、すべての芸術家には作風というものがあるのである。天才とは何でも出来るスーパーマンではなく、ある特定の執着心から作品を創るしかないのである。過去の作品をリセットして、まったくのゼロから始めるわけにはいかない。三島由紀夫は人類や歴史への関心が希薄であるから、若さと肉体美への固執がすべてであり、老人が若さに嫉妬するという強烈な本音を剥き出しにしたのである。老いさらばえても人類という課題に取り組みたいという野心は一欠片もないのだから、「豊饒の海」の語り部である本多は決して知的巨人とは描かれなかったし、肉体の美しさの前では知性など無力であるというニヒリズムを反復するしかなかったのである。仮に割腹自殺せずに長生きしても、たいした作品は描けなかっただろう。人生と同じく芸術も一回性であるから、分業的になされるのであり、同一人物が「金閣寺」と「カラマーゾフの兄弟」を書く必要はないのである。高名な哲学者の多くは、セックスを早々と諦めて生涯独身を決め込んでいるが、若さを賛美することで45歳まで生きてきた三島由紀夫が、それを断念して老人として隠遁し思想に身を捧げるなんてあり得ないし、やる必要もないのである。カントは老人になっていきなり哲学に目覚めたわけではなく、生涯童貞として57年間生きて、ようやく「純粋理性批判」を完成させたのである。人生はひとつであるから、作品もひとつなのである。ドストエフスキーにしても「罪と罰」「悪霊」「白痴」「カラマーゾフの兄弟」は、バラバラな無関係の四つの作品ではなく、それぞれがお互いを照らし合う一個の芸術と考えるべきであろう。芸術家個人のこだわりが内面に深く根を張るところから作品が生まれるのであり、一回性の人生という性質上、リセットして根を張り替えることなど出来ず、宗旨替えは不可能であるから、それを終の棲家とするしかないのだ。「豊饒の海」は愚作の極みではあるが、肉体美こそがすべてであり、知性など何の役にも立たないというニヒリズムをひとつも克服できてない断末魔の叫びであるから、美しい青年への眷恋が唯一の詩想の源であるという作家性の限界を吐露しており、三島由紀夫という存在が破滅する経緯をそのまま馬鹿正直に記した文学とも言えるし、見苦しい遺書としてなら読み応えがある作品である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング