不思議なのは、ネットが普及しても、電通を批判する人がほとんどいないことである。
先日のサッカー日本代表が典型だが、火事を出して焼け太りしてるだけの会社であり、泥棒貴族という立ち位置なのに、せいぜい2ちゃんねるでしか批判されないのである。
マスメディアなら電通を批判した瞬間に圧力が掛かってテレビ画面から消えるのはわかるとしても、ネット広告はグーグルが独占支配したので、電通が入る余地がない。
それでもネット文化人達が、電通を批判しないのは、たとえば津田大介がネットでいくら蓄財しても、今だと自己啓発屋さんでしかないし、SNS的にクソみたいなネット文化人と会って対談してるのを取材だと称してるのがせいぜいであるので、SNSの時代が終わったら、ネタフルのコグレマサトみたいに見掛けなくなるだろうし、死んだら何も業績が残らないから、マスメディアで売れたいという名誉欲はあるだろう。
顔出ししてるネット文化人はひとりの例外もなく、有識者としてクソみたいな審議会に参加して、空疎な名誉を得たいと考えているし、その野心により、電通に金玉を握られているのである。
勇敢だから顔出ししているのではなく、文化人・有識者になりたいという下心があるだけなのだ。

https://twitter.com/AoiNoguchi/status/503069909195059200
noguchiaoitehu.jpg


未来の電通マンTehuの周りにも女が集まりだしたらしい。
Tehuはあくまで電通のインターンを一週間やっただけなので、電通社員になることが決まったわけではないのだが、とはいえ、かなりの倍率を勝ち抜いてインターンシップに参加したのも確かだし、夢や幻想ではなく、現実的に有意な可能性が生じたのも確かである。
こうやって、女の家で主催される誕生会に呼ばれたのも、電通マンになった場合のことを見越して、唾を付けておこうということだろう。
適当に企画を出してクールジャパン1500億円の予算を浪費すれば、大赤字になっても損しない(むしろ焼け太りする)ポジションなのだから、リスクを負って起業するなど馬鹿らしいことである。
ましてやこのように有象無象のB級アイドルが寄ってくるのだから、作詞家という競争がない金鉱を掘り当てた秋元康のようにはいかなくても、電通マンとして女を食うくらいは出来るだろう。
税金にたかる権利のある人間を特権階級と言う。
こういう連中を見ていると、人間は肉塊以外の何物でもないと痛感させられる。

ハヤカワ五味
.*Serina Yashiro *.
のぐちあおい

今後この三人が電通マンTehuの利権のおこぼれに預からないかどうか、監視する必要がある。
朝鮮王朝の末期のようなことをやってるのだから、まさに反日的な集団である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング