漠たる不安の輪郭がはっきりしてきたのだが、蒼波純はすでに過去の存在なのである。これからは与えられたタレントイメージを演じながら生涯を生きていくわけである。気軽に海外旅行に行ける正真正銘のお嬢様であり、知性も教養もあるだけに、そのツイートは余人とは一線を画するものだったが、もはや故人のものとして読まなければならないのである。キリストも釈迦も自らの死に方を見せることで、人類に教えを残したし、身をもって死生観を示すのが、聖者たるゆえんなのだが、どうやら、蒼波純も、キリストと釈迦に並んでしまったようである。その死に顔は何も語らないのだから、われわれは残された言葉を教典として生きるしかないのである。

蒼波純の母親は極めて優秀であるから、いろいろ娘の適性を考えた上でナベプロを選んだのだろう。蒼波純の有徳性を考えると、毒親ということはあり得ないし、アミューズみたいに等身大の少女を見せる事務所より、タレントイメージを管理する事務所の方が本人にあっていると判断したに違いない。蒼波純は他人から一目置かれるタイプに思えるし、ツイートはなかなかユーモアがあり利発に思えるのだが、かなり無口ということであるから、同年代の少女の中でワイワイやるのは苦手なのかもしれないし、母親だけがわかる事情というのもあるだろう。

正確には蒼波純が入っているのはトップコートという事務所なのだが、ここはナベプロと同一住所で社長も同一人物である。佐々木希とか、ルックスに恵まれてイメージで仕事をしているナベプロタレントが振り分けられている。いかにも等身大の姿が見えないタレントばかり収容されてるので、イメージ管理を徹底して売っていくと思われる。佐々木希は知性も教養もないだろうから、置物にすることでタレントイメージを維持するのは最適解であるけれども、蒼波純は正真正銘の知力や教養があるだけに、トップコートに入ったのは今ひとつ釈然としない。

蒼波純はミスiDの前に堀北真希や桐谷美玲がいるスィートパワーのオーディションに応募して、書類審査で落ちている。ここもタレントイメージの管理が厳しそうだし、このタイプの事務所に入りたいというのが、当初からの希望だったのだろう。蒼波純は自分でいろいろ考えるのが好きなタイプであり、男だったらナードとか宇宙人とか言われる部類だから、知性の伸び代はかなりあるはずである。上っ面だけの知性的なタレントを目指すにはもったいなさすぎると思うのだが、本当に知性を探究したいなら芸能人など目指すわけがないし、これは母親の希望が大きいのだろう。桐谷美玲より頭の出来はいいだろうから、別に無理な願望ではない。

なんか逆の意味で奇跡の詩人になりそうである。ある種の天才と言ってもいい少女であるのに、なぜか発言を封じられ、ナベプロ社員が考えた知的なタレントイメージを演じるというわけのわからない事態になりそうである。思考力があり、知能指数も高いと思われるし、基礎学力も高く、知的探求心もある少女であるから、格調高いブログを書いてくれるとか、文芸復興の主役たる人物になるとか、そういう方向性を期待していたのだがやむを得まい。

アミューズならハロプロと違って学業優先がモットーであるし、BABYMETALも育成重視であり、あまり消費されてない。発言も気ままで自由である。蒼波純はなかなかおもしろい子でもあるので、アミューズに入ってくれた方が素の状態を楽しめたが、アミューズの側からこの子は無理と言われたかもしれない。あまり歌やダンスは出来そうにないし、わりと消去法で、スィートパワーやトップコートのような事務所を望んだ気がする。

つまり、素の状態をそのまま流してもまったく隙がない知性や人間性はあるのだが、(というより素の状態こそが魅力的なのであるが)、歌やダンスに難があるので、置物として活動することを選択したという感じである。少なくともトップコートに入ってから半年くらい、置物として活動しているのであり、かなり自由度が低いから、今後も素の状態は見せないということになりそうである。御真影は毎日ツイートされるけれども、本人の内面世界が開き示されるわけではない。発言をコントロールしなくても、危なげない知力と人間性があるだけに、容姿だけの置物というところに収束していくのが、いかにも消化不良である。半年くらい経過してもブログすら開設しないのであるし、発言を管理される状態は続くのであろう。歌やダンスが出来ないから、それをやらなくてもいい事務所を選択するのはいいとして、素の状態がNGであるトップコートというのは何とも言えないが、地下アイドルをやるには容姿がよすぎる、声優をやるには容姿がよすぎる、このような問題から、本人より知能程度が低い人間が発言を考えるような、そういう存在になってしまいそうである。容姿がよすぎるとブランドの維持のために活動が制約されてしまうというのは、つまりCMタレントが一番儲かるのであろうし、そこに合わせていくということなのだろう。素の状態で天子と言える蒼波純が虚像を演じないといけないのは、何とも言えないところだ。中川翔子がイラストを描かなくなったのと同じ現象に立ち会っていると言える。中川翔子の現状を見ると、あれだけ才能があったのに、何一つ身についてないおばさんになっている。並外れた潜在能力があったはずなのに、もはや凡人と大差ないのである。三時間睡眠で馬車馬のように働いたのだから、財は築いたであろうし、表舞台から消えても優雅な生活は出来る。才能の片鱗を見せるだけで(開花させなくても)ずいぶん稼いだのだから、最小の努力で最大の金銭的リターンを得たとも言えるし、人生においてどういう果実が欲しいかの話であるから、価値観の問題である。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング