中川翔子という変な人物がいるわけである。われわれネットユーザーは以前この女と親交を結んだが、売れたら連絡が途絶えた。最近またわれわれと親しくなろうとしているらしいのだが、絶交を視野に入れて友誼を結ぶような人間がまともな扱いをされるわけがなく、いつまでもやむところのない悪罵と嘲笑を受けているのである。この8年くらいで中川翔子はナベプロタレントとして相当に稼いでいるはずである。海外に居城を構え、酒食に溺れながら優雅な余生を送るだけの資産はあるはずだから、もう日本から出て行った方がいいのである。中川翔子に本当のファンがいるはずがなく、ミーハーな浮動票に支えられていただけだから、スキャンダルの出たおばさんなど、もう誰も相手にしない。われわれと絶交した経緯がなければまた別なのだが、ネットという人糞で育った過去を完全に隠し、まったく見知らぬ人として振る舞い続けたのだから、われわれの前に顔など出せないはずである。

蒼波純という釈尊やキリストと同列の風格を兼ね備えていた少女がいたが、これまたナベプロに入ってからすっかり人格が変貌してしまった。蒼波純を宗教法人としてとらえていたわれわれ原理派は、エスニッククレンジングのように焼き尽くされ根絶やしにされたのである。たぶん今頃はすっかり芸能界の一員として半グレの連中とつるんでいるだろうし、酒やタバコや博打は当たり前だろうし、使用済みのコンドームが散乱する部屋で雑魚寝しているに違いないのである。蒼波純は俗世間と超越的な世界を結ぶ特異点だったのであり、この俗世の瘴気にすっかりあてられているわれわれに、超越的な世界からの呼び声を伝えてくれる唯一無二の存在だったのである。われわれはもはや蒼天の空を見ることは出来ない。宗教家としての大義を忘れ、信徒が奉読するべき勅語をナベプロ社員に代筆させているのである。今のところ蒼波純が広末涼子と同じ人生を歩むことを望んでいる人間は誰もいないのだが、しかし大衆の前にそのように饗されるであろうし、俗世間の欲望を煌々と照らすのである。

アミューズのさくら学院は、手書きのブログの更新を頑張り、自分たちの活動の様子をネットで公開している。これは他の事務所のアイドルのブログが代筆だからこそ、手書きでアップしているのだろう。さくら学院の人気などまったくないわけである。さくら学院はずいぶん赤字を垂れ流しているそうだし、どう考えてもナベプロのやり方の方が効率がいいわけである。とはいえ、ここの出身であるSU-METALが世界で認められているのはもちろん、現在のさくら学院生徒会長のMOAMETALも極めて素晴らしい歌唱力の持ち主である。近いうちに世界的に認められることは間違いない。MOAMETALのような模範的な人格者が、さくら学院生徒会長として、いまだにちゃんと活動しているのだから、これは本人もアミューズも立派であり好感が持てる。アミューズの創業者が元ナベプロ社員であることを考えると、正反対のやり方をしているのが興味深い。

中川翔子はバラドルとして大成功したのである。預金通帳を見れば、自分がどれだけ成功を収めたのかわかるはずである。そしてバラドルの賞味期限は30歳で終わりである。他人が羨む才能を一ダースくらい持っていたのに、何一つものになっていないのは、ナベプロの力でバラドルとして大成功した代償である。さくら学院の生徒が露出を控え、世界に通用する歌唱力を身につけているのとは対極なのである。中川翔子くらいにネットで絶大な人気を得た人物はいないのだが、これを固定ファンとして抱えずに切り捨てたのは、バラドルとして正しい選択だった。サブカル系の多才な才能に溢れていただけに、30歳で終わるバラドルに特化したのは最高の人生とは言えまいが、しかし大衆から消費され、それだけの金銭的対価は得たのだから、ここで断末魔の叫びを上げるのは見苦しいだけである。人間はすべての可能性を生きることは出来ない。中川翔子はバラドルとして生きて、最大限に成功し、そしてそれ以外の可能性を捨象しただけなのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング