マーシュ彩
o0480048112647189615.jpg

金子りえ
Bw60MWuCMAAl4TK.jpg


ミスiDの結果が不自然に思えるのは、これがミスコンだからである。オーディションではなく、ミスコンなのである。ミスiDになったらミュージカルに出られる権利を得るとか、そういうわけではない。メリットがあるとすればメディアへの露出機会が増えることだが、それはミスとして活動する義務でもある。

ミスiDがやらせだということは決してないはずである。第一回の玉城ティナに関しては仕込みかもしれないが、それ以外はやらせは一切無いはずである。なにしろ選ばれることのメリットが少ないのだから、選ばれたいという人がそんなにいるはずがない。

蒼波純の事例を見れば明らかだが、現在はトップコートという事務所に入っているわけである。ここはナベプロと同一の住所で社長も同一であるが、ナベプロの中で特別扱いされているタレントが集まっていると思われる。ナベプロの中で選りすぐりの人材が集められていると考えてよく、芸能界の頂点とも言えるから、最初からナベプロが蒼波純に関与していた可能性は0だと断言できる。トップコートに内定しているモデルがミスiDになるというのは、東大生が国士舘大学に通うようなものであり、これはあり得ない。

蒼波純は歌もダンスも出来ず無口無表情であるため、普通のオーディションだと早々と見切られてしまう可能性が高く、スィートパワー(桐谷美玲、堀北真希がいる事務所)には書類審査で落ちているのだから、ミスiDを経由したのは、ナベプロに入るルートとしてかなり有効だったと言えるし、現在もミスiDとして活動しているのは、グランプリとしての活動義務があるだけでなく、多少の感謝もあるに違いない。

マーシュ彩がグランプリどころか、単なるミスiDにも選ばれず、個人賞に留まったのは、おそらく本人側がミスiDとしての活動を渋ったのだろうと、わたしは勝手に考えている。個人賞という「非オフィシャル」な審査員賞はふたつ貰っているのだから、審査での心証が悪かったことはないだろう。蒼波純のような事例もあるのだし、ミスiDとして活動することがアピールにもなりうるのだが、マーシュ彩だと魅力がわかりやすいので、ミスiDとして活動するのが単なる負担でしかないと、本人サイドが判断したのだろう。

グランプリに選ばれた金子りえは誰が見ても美少女であるのは議論の余地がないのだが、この完璧な外見で16歳まで「モデル志望」というのも引っかかるところである。
今までなぜ無名だったのかを調べたいのだが、元ハロプロで芸能界を引退済みの「金子りえ」と同姓同名であることもあり調べるのが難しいから、過去がまったくの不明なのである。

マーシュ彩(14歳)は過去からの活動の経歴が追えるし、ブログの文章はちょっと頭が悪そうだが、注意力はしっかりしているので、(学力は不明ながら)表面的には聡明そうに見える。恥ずかしがり屋な性格も、かなりアイドル向きである。またおそらく多くの人が先入観で抱く印象として、マーシュ彩は処女に見えるが、金子りえは処女に見えないわけである。もちろんこれが先入観でしかないのは強調しておくが、この先入観はアイドルとして重要であると思う。

仮にマーシュ彩が辞退していないのに選外にされたのだとしたら、大森靖子が人格障害者としての破壊願望を発揮したとしか言いようがないのである。

http://www.transit-web.com/miss-id/
妄言ですが道重さゆみちゃんのモーニング娘。'14の卒業が決まっていて、彼女以降アイドル意識の高いアイドルを望むべきか否か、という点で、もう道重さん以上はないやってなっちゃったんですよね、私が。
ということもあり、ミスiD審査員として、こういう子がネクストアイドルっていうのはどうでしょう!!!って打ち出すなら私は絶対金子さんだと思いました。


自暴自棄になったメンヘラの発言としか思えないわけである。道重さゆみちゃんは自分ためにも他人のためにも生きていない理想主義者であるが、このような理想世界への感受性の強さは、偉人や天才の多くに強く見られる気質である。蒼波純もこの気質はかなり強く持っている。(ただ蒼波純は完全なガチなので、ある意味自覚的なポリシーではないから、いきなり普通の人になる可能性もある)。大森靖子は「悪意のないリア充」と金子りえを絶賛しているが、こうやってリア充への嫉妬という踏み絵を踏ませようとするのも、大森靖子の病気としか言いようがない。なぜ道重さゆみちゃんという理想主義者の次に、金子りえという通俗的な美人をアイドルとして提案されないといけないのか、さっぱりわからないし、大森靖子の破壊衝動以外に何も感じない。アイドルは道重さゆみちゃんで終わったから、全然別のアイドル像を提案するとか言い出した時点で病院に連れて行くべきだった。

再三言っているようにミスiDに選ばれるメリットはあまりなくて、メディアでの露出機会が増えるだけである。
マーシュ彩としては、特に困らないし、むしろミスiDグランプリとして活動する時間を他にあてた方が今後の活躍の幅も広がるであろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング