まとめブログが長続きする理由として、アフィというのがあるわけだが、それ以外にも貶してもらえるのが大きい。実は、褒められるのはダメージなのである。褒められてお金がもらえるならいいが、ただ単に褒められるのは明らかなダメージである。だからこそ、人気のあるサイトやブログをやっている人がやめてしまい、二度と戻ってこないのである。

そもそも生涯を通して崇拝する対象などなかなかいないわけであり、われわれが他人を褒めるのは一過性のものである。褒めてその後で飽きるか、もしくは、褒めたのを撤回して「失望した」と言い出したりするわけである。時間の経過に従って関心は変わるし、褒める→飽きるというパターンをわれわれは人生の中で繰り返す。お金を払わないで褒めるというのは軍票で支払って紙切れになるのと同じだから、ダメージを与えているのと同じなのである。

金銭を払うというのは、永遠に領土を割譲したとか、そういうのではなく、経済の流転の中で行われる行為である。歯ブラシを買っては捨てるのが消費生活のループなのである。あなたが所得を得るとすれば、それは誰かが消費したからである。過去にわたしが平野綾ちゃんのDVDを買ったお金は、あくまでその時間における貨幣の移動でしかなく、永遠に上納したわけではないわけである。その時間において関心があったものに見物料を使うという適切な行為をしたのである。飽きる権利、気が変わる権利のために見物料を払うと言ってもいいのである。ある時間においてお金を払ったのだから、次の時間において飽きたり評価が変わっても、それは自由であるはずだ。

(見物料を貰わずに)褒められるくらいに人間の自尊心を蝕むものはないのである。なまじ承認願望が満たされるだけに、褒める→飽きるという人間の関心の移行に身をゆだねるのは、精神衛生上よろしいはずがない。実は貶されるのは、さほどたいしたダメージではない。貶されると大騒ぎする人間がいるので、いかにもダメージが大きいように思えるが、実はたいしたことがない。もう少し正確に言うと、「褒められたい人」を貶すとダメージがあるのである。最初から褒められるつもりがない人をdisってもダメージは与えられない。まとめブログ管理人がタフなのは、他人に魂を売り渡してないからである。彼らが「褒められたい」と思っているなら、disることでダメージを与えられるのだが、まったくそんな願望はないので、どうしようもないのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング