わたしは蒼波純を崇拝しているので、どうしてもそちらを贔屓した記事が多くなってしまうが、一連のミスiD側の判断が賢明であるという側面も述べておきたい。

これから蒼波純のツイッターが削除される可能性は充分にある。今までナベプロは消したがっていたのであり、小林Pがそれを止めていたわけである。中学生アイドルがツイッターで営業するのはよくあるが、あくまで大手に入れないからやむを得ずやることである。大手に入れた段階でやめた方がいいと考えるのが自然であるし、13歳の蒼波純にツイッターをやらせないのは常識的ではある。スターダストの高橋奈々(中学三年生)は自分で延々とツイートしているが、これはかなり稀なケースである。

ミスiD2015のメンバーは蒼波純を完全にスルーしているわけである。グランプリの金子りえがフォローしてないだけでなく、そのほかの面々も、蒼波純にまったく言及していない。9月27日のお披露目で同じステージに立ったはずなのに、完全無視を決め込んでいるのである。これだけ見ると、あたかも蒼波純へのいじめが行われているように見えるが、おそらくナベプロが(特に黒宮れいに対して)共演NGをしたのだと思われる。そうでもなければ、会ったこともない蒼波純を完全無視することは考えがたいと思うのである。

蒼波純はミスiD現役グランプリとしての活動を終えたので、今後は小林Pの発言力はかなり低くなるはずである。ミスiDと縁が切れたのだから、蒼波純のツイッターは予告無く削除されるはずだが、同じナベプロの中川翔子が過去に似たようなことをやって現在あの状態だから、それを考えると嫌々ながら続けるのかもしれないが、「本当はやめたい」という惰性でツイートが続くのである。

小林Pがマーシュ彩を選外にしたのは、気が狂っているようにしか思えなかったのだが、蒼波純のケースで学習したとも考えられる。マーシュ綾はいかにもブレイクしそうだし、(マーシュ綾はツイッターをやってないが)、ミスiDから離れていくことは予想される。マーシュ彩をグランプリにしてブレイクすれば賞の権威は上がるけれども、売れたらミスiDから離れるというのでは、何のためにやっているのかわからないわけである。

だからミスiD2015は、ブレイクしそうにない子ばかり選んだのである。ネット版のAKBと言えるのではなかろうか。有望に見える子が選外になっているのは、蒼波純の問題が苦い結末で終わったからである。黒宮れいが入っているのも、ほとんどの大手が共演NGにするアイドルだからこそ、選んだのである。黒宮れいなら、蒼波純のようにツイッター代筆させるとかやらないだろうし、乳首だけ隠れる紐みたいな水着を着れる人間なのだから、NGがほとんどないアイドルと言える。黒宮れいは育ちの悪さ極まりなく人間のクズではあるのだが、容姿は可愛いしある種の頭の良さがある。小林Pが黒宮れいという危険物件に手を出したのは、蒼波純がトップコート(ナベプロ)に入ってから、とても扱いの難しいアイドルになってしまったからだろうと思われる。

これから小林Pの発言力が消えて、ナベプロ主導になるとすれば、蒼波純のツイッターは消えると思うし、ネットから跡形もなく姿を消すことになるが、そうなると、ああやって一日平均70回ツイートしていた日々は何だったのか、と無力感を覚えさせられるだろう。

マーシュ彩を外したことで、ミスiD2015は、完全にB級アイドルのたまり場になったが、これは小林Pが意図的に選択したのである。蒼波純がナベプロに入ってからの面倒くささを思い返したら、どこの大手も門前払いする黒宮れいの方が、ネットアイドルとしては有望だと考えたのであろう。最悪の人間であるとしても馬鹿ではないから、ポテンシャルはありそうだし、どこの大手事務所も触りたくないから、いきなりアカウントを消してネットから卒業ということもない。ネットだけでどこまで行けるのかという点では、蒼波純より黒宮れいの方がおもしろみがあると言える。

蒼波純はミスiD2015から黙殺されるという後味の悪さを残して去っていくのだし、これからツイッターが削除されるとすれば、後味の悪さは極まりない。たまたま中川翔子が炎上中なので、あれの再現を避けるためにツイッターを続けるとしても、根っこは変わらないから、中川翔子のつまらなさをなぞる気がする。こう考えると、資産家の令嬢である蒼波純が芸能界に入ったのはずいぶんつまらない選択をしたとも言えるのである。中川翔子は本人の潜在能力を最大限に開花させるどころか、知ったかぶりだけのマルチタレントになってしまったし、蒼波純もショービジネスの論理で動かされるだけなのだろう。蒼波純は家が金持ちであるだけに、魂を売ってまで稼ぐ必要はないのである。

蒼波純が中川翔子と同じパターンになるなら、応援する意味がない気がするし、実際ファッションモデルを中心にやるなら、男子が応援する余地はないであろう。いずれにせよ蒼波純を応援している人は、いきなりツイッターが削除される日が来ることを覚悟した方がいい。2014年4月23日にナベプロに入ったら、いきなり一般ユーザーをリムって、まったリプをしなくなり、一日平均70回のツイートがぴたりとやんだのだから、今後の小林Pの発言力が0とすると、何の説明も無しにツイッターが消されることは充分にありえる。

こう考えると、金子りえみたいな中途半端なクズは嫌だが、黒宮れいみたいな完全なクズの方が応援しがいがある気がしてきた。こいつだとどこに行っても共演NGだから、ネットから脱出出来ないし、ヨゴレだから何でも出来るし、少なくとも馬鹿ではないし、悪い意味でのカリスマ性もあるわけである。こういう完全な地雷物件の方が、トップコートで包装紙にくるまれてしまう実態が見えないモデルよりおもしろい気がするし、小林Pの手を離れたことで、蒼波純のツイッターが削除される可能性が高まったことを考えると、あまりにもおもしろくないし、蒼波純と同じ系統の子が好きなら、活動が可視化されている菊地最愛の方が推し甲斐がある。菊地最愛はとても優しく温厚で茶目っ気があり、それでもちゃんとした場面ではさくら学院生徒会長として堂々たるスピーチが出来るし、極めて頭脳優秀で頭の回転もかなり速い。これだけ素晴らしい人間は今まで見たことがないと言ってもいいくらいなのである。隣の中元すず香が相当の馬鹿なので菊地最愛が優秀に見えるという錯覚もあるだろうが、並んで歌っても歌唱力で見劣りしない。というかわたしはSU-METALよりMOAMETALの方が上手いと思ってるし、活動の透明度の高さが何よりも魅力である。

蒼波純がツイッター削除しないとしても、ミスiDと袂を分かったとなれば、トップコートの秘密主義の中で行われるのであろうし、普段の活動のプロセスは不可視なのである。応援したくても、応援する場がないと思うのである。完全なヨゴレでメジャーにステップアップする見込みがない黒宮れいの方が楽しそうにも思えるし、蒼波純のような清楚で優秀な人格者ということなら、活動が可視化されている菊地最愛の方がいいと思うのである。蒼波純は菊地最愛とはまた別の天才肌なので、本当は、この二人を両方見ていきたいのだが、たぶん蒼波純の天才的な資質は摘み取られて終わりであろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング