https://twitter.com/Megumi_Ogata/status/534250520756510720
harukazeogata.jpg



はるかぜのアンチにもいろいろいて、九割くらいは毒親問題について疑念を抱いているのだけど、一割くらい変な人がいるわけである。
本当に2001年生まれの本人が書いていると思いこんでいて、その上で精神病が疑われるような行動を繰り返している。

家庭環境は本人と一体化したものであるから、最終的には本人に帰属するので、本人に責任はないと強調しすぎるのも問題であるが、ひとまずはるかぜ(娘)は被害者である。
アンチに攻撃されている被害者ではなく、毒親にタレントをやらされている被害者なのである。

緒方恵美は49歳なので、いかにもはるかぜに引っ掛かりそうな年代なのだが、はるかぜの同情商法に共感したらしい。
完全に本人が書いてると思いこんでいる。
はるかぜのツイートを、同年代の女子中学生のツイートとくらべたらかなり変なのだが、そこには思い至らないらしい。
感性が鈍磨するのは仕方ないにしても、単に見比べれば、49歳でもわかるはずである。
はるかぜが有名になったのは小学四年生の時だが、そこからツイートの内容がまったく変わってないことからも、母親の代筆という可能性が濃厚である。

ツイッターではフォロー関係にない人にリプをしてはいけないという暗黙のルールがあり、それが常識である。
だから、警鐘を鳴らすような非常識な行動はしづらいのだが、そろそろ「中学二年生のツイートにしては昭和過ぎると思うんですが、どうでしょう」くらいの丁寧なリプを送った方がいいのかもしれない。
今のところそういう活動をしているのは0人であろうし、変なリプを送ってるのははるかぜ本人がツイートしていると思いこんでるから、はるかぜ(母親)の思う壺であるし、最高のサポーターとなってしまっている。
何にせよ、2001年生まれの瑞々しいツイートが極めて少なく、ババアの老廃物みたいなツイートしかないので、そこはよく考えてもらいたい。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング