わたしが糾弾するべきは宮台真司の娘なのだろうが、こういうのは機運というのも必要であろうし、90年代の女子高生ブームが回顧されるタイミングの問題であるから、宮台に蹂躙された赤の他人の娘が告発でもすれば、宮台の箱入り娘が特異点としてクローズアップされるときも来るであろう。
ひとまず箸休めにはるかぜのことでも話題にしておこう。
時たまはるかぜが、親友がいるというアピールをするわけである。
「友達がいない」というのは、他人を攻撃する決まり文句であるが、やたらと反応するのである。
DQNは同類でやたらと群れるので友達がたくさんいるし、友達が本当に必要なのか、というのも何とも言えない問題である。
おそらく、本当の問題は発達障害なのだろうと思う。
教師という人種は「友達がいるかどうか」をやたらと問題にするのだが、本当は発達障害のことを言いたいのである。
発達障害の証拠として「友達がいない」という事実を挙げているわけだ。
発達障害者が周辺世界に馴染んでない様子を、そういう言葉で表現しているのであり、実際に友達がいるいないは重要ではない。
この地球上に住んでいても、その空間と時間に同期しておらず、やたらと周りからずれて浮き上がった宇宙人のオーラを発していることが問題なのである。

たった一人の親友にこだわるのも問題児にありがちな言動である。
ひとりだけ親友がいると主張するのである。
その実態は、発達障害者が博愛主義者に依存しているだけということが多いのである。
その博愛主義者だけは自分を避けないというだけの理由で、依存しているわけだ。
他人に馴染めないから、自分を受容してくれるたった一人の親友によって、疎外感のすべてを解決しようとしているのである。

友達が多いと主張してるのはたいていDQNだから、友達などいなくてもいいのだが、問題は発達障害かどうかである。
はるかぜはこの問題を早く明確にするべきである。
少なくとも注意欠陥に関してはコンサータという特効薬があるのだし、医療のサポートを受けるのは可能である。
障害者ということなら、われわれも一定の配慮をする必要があるだろうし、逆に健常者ということなら、いつも他人とぶつかって相手を粉々に砕いていく親子を許すわけにはいかない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング