サザンオールスターズの「ピースとハイライト」のような愚かな歌が生まれてしまうのは、まずは朝日新聞がデマを流しているせいなのだが、朝日新聞という問題に関しては読売新聞の傍観者性も酷い。読売新聞はジャーナリズムの精神の欠片もないし、訴訟を多用しすぎである。紙面では平穏だが、裏では裁判ばかりやっている。週刊ポストの「海外取材までして警視庁『2ちゃんねる潰し』を応援する読売の“見識”」という記事で裁判をやっているのも、甚だしく愚かだと思うし、(わたしはこの記事を読んでないが)、たとえ記事の中に罵詈雑言があれども、警察からのリークに基づいて取材するのがマスコミの基本となっているのは確かであろう。読売新聞の傍観者体質、もしくは、何か不満があれば弁護士に任せて裁判をやるだけという体質はジャーナリズムとしての責任放棄である。迂闊に読売新聞を批判することすら出来ないのである。読売の顧問弁護士から「ここの部分が読売新聞社の名誉を毀損しております」と法廷で指摘されるだけなのである。読売記者の子どもも、父親が気骨のジャーナリストであることなど願ってないであろうし、サラリーマンとしていいお父さんであればいいのだし、批判されたら弁護士に反撃させることに疑問を持たないのであろう。朝日新聞が流しているデマを読売新聞が大々的に糾弾してくれたら、桑田佳祐というリテラシーの低い人間の蒙を啓くことだって出来たかもしれないのである。もちろん読売は利口だと思うし、紙面でやり合わずに法廷で会いましょうという姿勢は、かなり狡猾でしたたかである。ともかくどうでもいいから、読売新聞は「ピースとハイライト」の件を黙過せずに記事にして、朝日のデマに流されている桑田佳祐を糾弾するべきなのである。慰安婦は実在したし慰安所も実在したが、強制連行の話など韓国側には残っておらず、朝日新聞に書いてあるだけなのだから、朝日が吉田証言に乗っかってデマを流しただけなのは明らかである。朝日新聞のデマに騙されてサザンオールスターズがクソ曲を紅白で披露したということなのである。朝日新聞が悪いと言うよりは、こういう狂った左翼新聞を放置していた他紙の方が常識外れだと思う。偏ったイデオロギーに基づいた新聞はいつだってあるのだから、それと戦うジャーナリストがいるかどうかの問題である。ペンを持っているのなら、朝日新聞とか、それに騙されている桑田佳祐を難じることは出来るはずである。つーか、なんで俺らのような一般人が多大な労苦を払って朝日のデマを批判しないといけないんだよ。世界最大の発行部数を誇る読売がやれば済んでいたことだろ。もちろん読売が朝日を批判したら、朝日も「正力松太郎とCIA」とか特集するだろうし、まあ紙を売るサラリーマンなのだから、喧嘩しても損するだけだとわかっているのだろう。朝日新聞はソビエトのプラウダではないのだし、批判したら警察に捕まるとか、そんなことはないわけだ。生命が脅かされるリスクが極めて低いのに、それでも喧嘩するのは損だという考えが浸透している。日本のマスメディアの馴れ合い関係のひどさは猖獗を極めており、読売新聞の批判精神のなさは凄まじい。(記者がペンで反論せず弁護士に重箱の隅をつつかせるのは論争の回避であるから、批判精神の対極である)。批判されて裁判を起こすとか、朝日新聞でさえやらないのだから、読売新聞のやり方は神経を疑う。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング