安室奈美恵はこの日本社会にとって公害のようなものだったと思うのだが、これはさすがにタブーなのでそういう指摘をするひとはいない。実際、本人は何も考えてなかっただろうし、決して安室奈美恵がコギャルブームを仕掛けたわけではないし、あの当時、大晦日に紅白の裏の日テレで女子高生が野球拳をやる番組が放送されたりしていたのも、団塊世代が安室奈美恵を持ち上げて風紀の紊乱を煽り、乱痴気騒ぎを楽しんだということであろう。決して彼女がフリーセックスを説いて回ったわけではないし、たまたまそういう役割になったのである。安室奈美恵について語るのに困るのは、ある種の沖縄差別に触れてしまうことである。正直なところ、わたしは安室奈美恵に恐怖を抱いている。このIQ90くらいの浅黒い女から、人間の知性の浅薄さを見抜かれている気がするのである。ペリーの航海記によれば黒船で来た頃の琉球はずいぶん日本人からの移民が多かったそうだし、完全に(中国ではなく)日本そのものであると書かれているし、実際のところ沖縄出身者の多くは本土からの移民だと思うのだが、しかし安室奈美恵は本土からの移民ではなさそうな外見なので、その南国の野性的な異人としての容貌も威圧感があり、いろいろ扱いづらい存在だった。まったく思想がないからこそ理屈が通用せず、近代社会のロジックを帰滅させたのである。それが彼女の強さだったのであろうし、反知性主義のシンボルとして、文明を灰燼に帰するほどの強力さを持っていた。近代を超えるポストモダンを招来する少女としてやたらと持ち上げられたのだが、実際のところ教育を受けてないだけというのが実情であろう。ひとびとが安室奈美恵に本当に惹かれていたというよりは、ある種の差別感情による引け目があり持ち上げていた側面もあるはずだ。

y7WxJx.gif


安室奈美恵と中元すず香の違いは難しいところである。すでにBABYMETALはさいたまスーパーアリーナをソールドアウトに出来る状態なのに、なぜ中元は時代の寵児になれないのであろうか。中元も、かなり目付きが鋭いわけであるし、安室と同じくらいの馬鹿である。男から見て、まったく女子としての魅力がないことも共通している。だが、安室が人類に対して送り込まれた刺客であるのに対して、中元は単なる馬鹿だから、畏怖を感じる対象ではないし、また中元は顔つきがチンピラというだけで、アイドルの中では最も性格のいい子である。これは時代性の問題であるのか、安室の異人としての容姿によるのか、それは何とも言えないが、中元は反知性主義というよりは、馬鹿だとこうなってしまうという悪いお手本であるし、もあちゃんとゆいちゃんが非常に優秀であるだけに気の毒な気がしてならない。というか、こうやって書いていて、やはり安室について書くのはかなり難しいと思うのである。21世紀は人権の情報戦の時代であるし、これからますますデリケートになっていく。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング