小田 だって佐藤さん、最近、曲作ってんですもん、自分で
工藤 うん、作ってる
小田 仕事終わって、家帰って、ずっと曲作って、翌朝には“これ聴いて~”って。いやいやいやいや(笑)、ふ、あ、何だろう、副業?みたいな。しかもけっこう、しっかりした曲を作って来る・・・じゃないですか
工藤 うん、何か、お遊び程度じゃないよね
小田 ハイ
工藤 けっこうガチだよね
小田 打ち込みだから、たぶんいろんな機材が家(うち)にあるのか
生田 うん
小田 打ち込みで、ドラムも、自分の手でこうやってピアノでチッチッチッて打ってくるし
生田 うん
小田 ピアノも弾いてるし、何か、EDMにまで行くし、エレクトリックな音も入ってるし(笑)
生田 へぇ~、すごいね
小田 歌も自分の声録音して、キー上げたり下げたりして、CD作ってて。



佐藤優樹はモーニング娘。の中で最下位を争う不人気メンバーであり、またかなり頭の弱い子である。典型的なADHDというわけでもなく、典型的なアスペというわけでもないが、なんか変なので広汎性発達障害か、もしくは知的障害か、いずれにせよ、何かしら障害が疑われるアイドルである。この頭の弱い佐藤だが、作曲を始めたそうである。

実際に佐藤が作った曲を聴いている小田さくらと工藤遥の発言を見る限り、かなり本格的ではあるものの、決して曲の内容を褒めてないので、そんなにたいした楽曲ではないのだろう。ただ、まだ15歳(今年の五月で16歳)であるから、この段階で名曲は作らない。どのような天才でも、15歳で名曲を作るという事例はほとんどないはずである。むしろ15歳で名曲を作っていたら、それこそおかしいわけである。

佐藤は頭が弱いとはいえ、元からピアノは特技であり絶対音感もあるので、障害が疑われる変人であることも含め、天才的な資質の現れと見ることも出来る。たぶん佐藤が「作曲をしたい」と言ったことはなく、いつの間にか曲を勝手に書いているわけである。こうやって、何も言わずに勝手に作り始めるのは本物の可能性が高い。有村悠さんなどは、決意だけは立派だが、実際にはやらないわけである。有村さんに限らず、決意が立派な人はたいてい何もやってない。決意とは「明日から頑張る」ということだから、現段階で何もやってない証拠なのである。

有村悠さんは東大アニメ研究会時代に後輩に告白したら「いい加減自分を特別な人間だと思うのはやめてください」となじられて発狂し、これが東大中退に繋がったのだが、有村さんとしては、この後輩と意気投合しているつもりだったようである。この「自分を特別な人間だと思うのはやめてください」という後輩女子の台詞だが、おそらく、有村さんは出来もしないことを大言壮語し、それで女を口説いているつもりだったのだろう。夢を語って女を口説くというのもひとつの方法であろうが、空気が読めない有村さんだと、下心は見透かされているのである。サッカーをやってないのにバロンドールを取ると言うタイプの人間だと見抜かれている。もちろんわたしは有村さんが後輩女子に夢を語っている場面を見たわけではないが、かなり容易に想像が付くわけである。有村さんが出来もしないことを決意表明し続ける様子を見てきた人なら、その光景がまざまざと目に浮かぶはずである。あの調子で後輩女子にいろいろ夢を語っていたのであり、後輩女子は「へえすごい」と話を合わせつつも、うんざりしていたわけである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング