アイドリングが売れない理由は数え切れないほどあるが、ひとつだけ挙げるなら、バカリズムが機能していないからである。なぜバカリズムがアイドリングの相手役に選ばれているかと言えば、さすがにあの見てくれの悪さだとアイドルが相手にしないというだけである。つまり不細工だから安心だと思われているだけで、ずいぶん人を馬鹿にしたキャスティングなのである。アイドルが相手にしないレベルの男として選ばれたのだ。魅力がないというのが最大の理由なのだから、そこに人間的な信頼感は皆無である。

それに対して、森ハヤシ先生とさくら学院は本当の信頼関係があるのである。極めて深い絆で結ばれており、また森先生はさくら学院のファン(父兄)からも絶大な信頼を得ている。森先生はそこそこハンサムだが、たぶん身長165~169くらいだと思うので、イケメン枠ではないし、容姿も平均程度で丁度いい具合である。不細工すぎたりイケメン過ぎると、さくら学院の先生役には似つかわしくない。早稲田大学卒であり、小島よしおと一緒に芸人として活動していたこともあり、話術やユーモアにも長けている。既婚者で娘がいるというのも信頼感を生み出している。森先生の先日の誕生日に、水野由結と菊地最愛が自発的な動機に基づくプレゼントをしたのだが、たぶんバカリズムとアイドリングの関係だと難しいであろう。番組の企画としてのプレゼントならあるかもしれないが、プライベートで貰うことはないはずだ。現役アイドルとして最高の存在であろうYUIMETALとMOAMETALからプライベートで誕生日プレゼントを貰い、それがベビメタやさくら学院のファンから好ましく思われるのは、森先生の人徳ならではである。メンバーチェンジで人気が落ちるのがアイドルグループの常であり、三月末でゆいもあが抜けるのは大きな不安材料ではあるが、森先生がいる限り、さくら学院の同一性は保持されるであろうと思う。

反抗期の多感な少女たちが集う場であるのに、大人と子どもが対峙する殺伐とした空気にならないのは、さくら学院が偏差値の高い、育ちがいい空間だからあり得ることである。読書をしていると何の脈絡もなく「偏差値秀才は人間性が劣っている」という記述があったりするが、あれは政治的な正しさとして言っているだけで、そういう記述をする学者でも、自分の子どもを低偏差値の学校に入れたいとは思うまい。さくら学院と森先生の関係が極めて親密であり、その深い紐帯で結ばれている様子がファンから支持されているのは、育ちのよさがさくら学院の目指しているところであり、森先生が丁度いい具合にフィットするのである。

わたしは超能力者ではないから、本当の裏側を透視出来るわけではないのだし、ゆいもあと森先生が品性下劣な乱交パーティーを開いている可能性だって無いとは言えない。だが、あくまでごく普通に想像する範囲では、さくら学院はアイドルグループの中で最大の信頼感があるのである。上品か下品かというのは、親が金持ちかというのと非常に強い相関があり、貧乏人が努力しても本当の気品を身につけることなど出来ないから、家庭環境の不平等に配慮して、貧乏な方が人間性豊かという嘘をついたりするのだが、実際は偏差値が高い方が品性があり、それがさくら学院なのである。

このところモーニング娘。もOGの不祥事が多すぎるからなのか、ご家庭が裕福だと思われる子が入ってくることがデフォになりつつある。今の13人のメンバーの中で実家が貧乏なのは小田さくらくらいだと思われる。12期などは、羽賀は不明だが、牧野と野中と尾形は明らかに裕福なお嬢様である。人間は歴史に学ぶものであり、わかりきったことでも失敗してみせないと説得力がないのだが、モーニング娘。のOGくらいに、家庭環境の悪さによるトラブルメーカーが不治の病である事例として動かし難い証拠となる人たちはいないわけである。家庭環境でひとを選別するのが望ましいわけではないが、モーニング娘。OGという同時代人を引き合いに出されると、貧乏人がトラブルを起こすのはわかりきっており、やはり育ちのいい方が無難であると意見が一致するのである。

メタルという文化はイギリスの底辺労働者のオジー・オズボーンがバンドメンバーを募集しブラック・サバスを結成したところから始まるのだが、オジーは窃盗で刑務所に入ったことがあるし、初期のメタルはだいたいそんな連中ばかりであるから、抑圧された階層から文化が生み出されることもなくはないが、どちらにせよ貧乏人はトラブルメーカーである。底辺層の文化であるメタルをさくら学院の生徒がやって世界的に評価を受けたというのがなかなか興味深いが、メタラーの悪魔崇拝のゴシックな色合いには、無垢なお姫様こそが生け贄としてふさわしいのである。AKBが同じことをやっても、普段から不景気な面をした連中では悪魔に捧げる価値もなかろうし、背景が暗澹たる地獄絵図だからこそ、ゆいもあの顕現が求められるのであり、毛唐のメタラーが狂喜したのも当然なのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング