https://twitter.com/y_arim/status/572597000346058752
senebanaranai.jpg


御本人が問題のポイントを自覚してないことがあるわけである。
そして間違った説明で納得してやがるのである。
完璧主義だから何も出来ないとか言い出してやがる。

有村悠さんがあれこれ決意を表明する習慣があるのは、決して強迫神経症のような義務感ではないし、単に「明日から頑張ろう」の人だからである。
たとえば部屋を掃除しようと思うなら、普通に掃除すればいいし、そんなことで一念発起する必要がない。
神経症でもなんでもないから、詐病はいい加減にしてもらいたい。

なぜこういうパーソナリティーができあがるかというと、すべてが衝動性のご機嫌次第だからである。
マグマのような衝動性が爆発するまでやる気にならないし、理性で考えたやるべきことは先延ばしにするだけなのである。
理性で考えて、部屋を掃除した方がいいなあと思っても、マグマのような衝動が噴火しないので、先延ばしにする。
一言で言えばADHDなのだが、ADHDが生まれつきの脳障害だとされるのは、母原病だと言わないための配慮であるし、決して脳に損傷などない。
だいたい落ち着きが無くて衝動的に行動するのは貧困層の特徴であり、ADHDと貧困に強い相関があるのは知られている。

落ち着きがあるというのは、単に椅子に座っていられることではない。
衝動の誘惑にびくともしない人間のことである。
衝動なんてキャッチセールスのようなものである。
秋葉原のエウリアンと変わらない。
普通の人は、こんなのは無視して終わりである。
衝動的な性格の持ち主は、胡散臭い謳い文句に引っ掛かる馬鹿なのである。
衝動性とは、持っているお金を全部使うとか、人生設計をぶち壊しにする悪魔の誘惑でしかない。
有村悠さんの父親は浪費癖があり、女を作って離婚したし、衝動に誘惑されると、それに突き動かされてどこまでも進軍していく馬鹿なのである。
その息子である有村悠さんも何ら変わりなく、衝動からの誘いに簡単に乗っかってしまう。

有村悠さんが口癖のように鬱だというのも、衝動が高まらないと動けないだけである。
本当の鬱ではないのである。
マグマのような衝動が身体を突き上げてきて、テンションが最高潮に達してようやく行動するのだから、それまでは何も出来ないし、衝動的に動いてもトラブル起こすわけである。
火山が噴火するような形でしか行動出来ないのが問題であって、完全主義どうこうではないと思います。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング