人間ゾルゲ (角川文庫)
KADOKAWA / 角川学芸出版 (2013-08-29)
売り上げランキング: 30,320



アマゾンのレビューだと高評価が付いているのだが、恋人があれこれ書いた本ということで、資料的な価値はあるが、決して名著ではない。そもそもリヒャルト・ゾルゲの人物像を浮き彫りにするノンフィクションを目指したわけではなく、あくまで少女趣味の追憶を綴ったものである。ゾルゲのスパイ活動については知らなかったという立場であるから、諜報関連の裏話もないし、プライベートな素顔を描いただけである。被害者意識の強さがめんどくさくて仕方がないのだが、これも恋人を亡くして愁傷やるかたない想いを愚痴っぽく綴ったのであり、内面の心情に重点が置かれており、スリルに満ちたサスペンスとして描く工夫はなされていない。この人はゾルゲの死後にいろいろな形で弔おうとするのだが、自らの望んだとおりにならなかった不満を、人間としての尊厳がいかに傷つけられたかと切々と語るのだが、どれだけ縷々と述べようとも、ゾルゲがソビエトのスパイであることに変わりあるまいし、こいつは単なる恋人でしかないわけである。仮に内縁の妻と考えるとしても、内縁の妻に多少の法的権利は認められているが、相続権はないので、本妻のように振る舞うことは出来ない。そもそも妻ではないからこそ、無責任に少女趣味のような愛をメランコリックに綴れるのだし、当時の水商売のカテゴリーはわからないが、あまり身持ちが堅いようには思えないから、その系統の職業だと思われるし、いろいろと難しい人間なのである。そもそもゾルゲがソビエトのスパイであるのは間違いなく、西側陣営から見て、どこに名誉回復のポイントがあるのかわからないし、またこの女に思想的な動機がないので、ソビエトのスパイであった罪を棚上げした上で、亡くした恋人を美化するので、アホかこいつはと思うしかない。身内の回想記としては正しいスタンスとも言えるし、著者の記述に客観性を要求するよりは、われわれ読み手の側で割り引いて読解する必要があるだろう。ゾルゲはダークヒーローとしての側面を持つとも言えるし、映画の登場人物ならキャラが立っているし、ゾルゲの素性をまったく知らないで純粋に愛したという立ち位置が、悲劇のヒロイン性を持つから、あまり深く考えず、素朴に共感してみるのは可能ではある。

石井花子は、金に困った場合には、ソビエトの大使館に行ってゾルゲの本の印税を貰えばいいと言われていたそうで、戦後になり、実際に行ってみた際のことである。

その人は、片手に診断書と手紙と封筒を持って、入って来たが、わたしの前に立ちどまり、
「ゾルゲさんの本のお金は、渡せないのです」と言った。
「なぜですか」
「法律的に、何もないからです」と答えた。
わたしはなおも聞いた。
「そのことは、誰が言うのですか?」
「これは、モスコーからの指令です」
彼はきっぱりと言った。
わたしが、正式に結婚していなかったからですか?」
「そうです」彼はうなずいた。
もう聞くことはなかった。しばらく二人は無言のまま見つめあった。それから手渡された手紙と診断書を受けとった。封筒はなぜか彼の手に残された。無言のまま私はレインコートを着て、部屋を出ると、彼は少しあとからついて出た。わたしはふりかえって、挨拶して玄関を出た。傘をかしげがら電車通りを歩き、わたしは今言った彼の言葉を反芻した。
モスコーの指令──。法律的──。なんという冷たい響きであろう。このほかになんの言葉も添えられなかったのであろうか? 人間の世界に、いや社会に法律は秩序を守る、必要な権利義務である。わたしとて知らないわけではない。だがしかし、これのみで社会が平和で幸福であるとは考えられない。ソヴェト国民は真に幸福なのであろうか? 考えざるを得なかった。わたしは金だけが欲しくて行ったのではない。この目で、この耳で、ソヴェトを知りたかったのである

万事が万事この調子で、事情を知らないイノセントな恋人として、あれこれ行動するのだが、正妻ではないので印税が受け取れるはずもなく、断られて悲劇のヒロインとして嘆息する。結婚していて自分の旦那がソビエトのスパイだったら、それこそ人生を台無しにされるのだから、こんな美談に書けるわけがない。事情を知らずにスパイと恋をした無垢な女という立ち位置は好都合なのに、それに不満を唱えて愚痴るのは、安藤美姫みたいなめんどくさいタイプだと断じることが出来る。とはいえ、このような否定的な感想を持ったのはわたしだけかもしれないし、他の人のレビューでは評価が高いので、端から見ていてはしたない行いも、本人としてはその一回性の人生の中でタイタニックのヒロインに負けないようなメロドラマを生きたのかもしれない。ゾルゲが共産主義にかぶれたドイツ人として、第二次世界大戦の前夜に日本の地を踏んだからこそ、大きな物語と言うべき舞台設定となったのだし、この邂逅はとても背徳的なドラマであり、順調な人生とは別の、ハッピーエンドがないからこそ燃えさかる愛だとも言える。ゾルゲはソ連に本妻を残しており、1943年にシベリアの収容所で死亡している。ずいぶん女にモテたらしいので、一生に一度の恋というわけではないが、それこそが映画的なロマンスなのかもしれない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング