「おだてる」というのは他人を操縦することである。
何の理由もなく他人を褒めることはあるし、音楽を聴いていいと思ったらいいと感想を述べることは普通にあるが、おだてながら頼むということがあるわけである。
ただ単に「頼む」だけだと効果が薄いので、持ち上げて上機嫌にさせた上で頼むわけである。

馬鹿な大男はたいてい用心棒として操縦されている。
清原が暴れていれば、必ず元木がいるわけである。
清原をおだてるくらいに簡単なことはないはずで、おだてられるのがこれだけ好きな人間は滅多にいない。
元木の要領がいいのもあるが、たいていの人は太鼓持ちをやるのが下劣だと考えており、だからやらないだけである。

清原和博の後半生が苦境に陥っているのは、おだてられると何でもやる人間だからであり、いくら税金を払ったとしてもかなり金は稼いだだろうに、それが底を突いているのは、おだてられたからなのである。
わたしは超能力者ではないので、清原がおだてられて破滅していく姿を千里眼で見たわけではないが、おだてられるのが好きな人物であり、操縦されるのが好きだから、たぶん持ち上げられて転落したのだろうと推察するわけである。

マッチョな性格だと後半生が苦しいというのは普遍的問題であろうが、おそらくそれでも若いうちは問題がないのだろうし、むしろスクールカーストで上位を占めるのだろうし、性格を改める理由がないのである。

人間はよほど痛い目に遭わないと自分を直さない。
おだてられていい気になって自己破産でもすれば、さすがにおだてられるのは懲り懲りとなるだろうが、そうでもならない限り、おだてられる気持ちよさを克服できるはずがない。

まともな人間なら、おだてられた段階で警戒心を持つわけである。
何かをやらせたいからおだてるわけである。
変な儲け話とか、どうせろくなことではないからである。
俺をそれだけ馬鹿だと思っているのか、と怒りも生じるであろう。
とはいえ、おだてられると気持ちがよくなって止まらない馬鹿は確実にいるわけで、これはどうしようもないし、そういう手の付けられない暴れん坊がいたら清原のような破滅に陥るのを待つしかない。
おだてられると気持ちがいいというのを、破滅の前に改めればいいのだが、馬鹿にはそれは無理なのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング