もあロスで非常に苦しんでおり血の涙を流しているわけだが、やはり変なことが行われていても、それなりの事情はあるわけだ。
2015年現在の状況で言うと、音楽では儲からないわけである。
これが1990年代なら、もあちゃんのような天才がベビメタのサイドダンサーとかアホらしくてやってられないはずである。
なにしろ儲からないし、なおかつ中元の脇役なのだから表現活動としてつまらんし、脱退するに決まっている。
だが、今は2015年であり、決して1990年代ではない。

音楽そのもので儲からないというのは、アミューズ社そのものが、われわれ素人より遙かにわかっているはずで、おそらく音楽で儲ける気は無く、あくまでBABYMETALとしてのブランド価値を上げてCM出演することが最大の目標なのである。

実際にわれわれ消費者が音楽にお金を払わなくなったのだから、音楽では稼げないのだし、CMタレントが最高の目標になるのは致し方あるまい。
MOAMETALというキャラクターも、音楽として稼ぎにならなくても、CMタレントとしては価値がある。
音楽で儲かる時代なら菊地最愛として活動した方が遙かに利益は大きいのだが、音楽では儲からない現状ではアーティストとしてのイメージコントロールの方が大事である。

これは音楽にお金を使わないわれわれ消費者にも責任の一端はあり、軽々しくCM出演を責めるわけにはいかないが、ともかく現在は2015年であり、決してCDバブルの1990年代ではない。
CM出演が究極の目標だとすると、あれこれおかしく見えるBABYMETALの活動も、やたらと筋が通ってくるのである。
90年代のCDバブルの頃なら、海外など行くはずがないのである。
2015年だから海外に行くのである。
アミューズはプロフェッショナルであるから、音楽を売るのとCMに出るのと、どちらが儲かるかという計算はしているわけであり、未来のCM出演のために、ひたすらBABYMETALのブランド価値を上げようとしているのだと理解できる。

テレビだって斜陽産業であり、CMに出ると儲かるというのも永遠ではない。
あと20年くらいすればCMタレントが一番儲かるなんて愚かなことは無くなる。
だが、しばらくはCM出演は儲かるであろうし、一年や二年で崩壊することはない。
そのときそのときの時代状況に合わせて食いつないでいくわけである。

ともかく、アミューズ社が、音楽では儲からないと見切っていて、BABYMETALのCM出演こそを目標にしているとすると、なんかいろんなことが腑に落ちるのである。
音楽で儲けるつもりならおかしなことが多数有るのだが、BABYMETALというブランドの価値を高めるためには最適の行動を選択しているのである。
表現活動するより、露出を控えてCMを狙った方がいいという時代になってしまった。
1990年代なら菊地最愛だったが、2015年現在ではMOAMETALなのだと言うしかない。
BABYMETALの方がブランド価値があり、こちらの方がCMでの稼ぎが計算できる。

こう考えてくると、さくら学院の子もCMに出ることが最高の目標なのであり、それなりに知名度を上げたら露出しなくなるのであろう。
音楽にお金を使わない時代なのだから仕方がない。
消費者の責任というのかもしれないが、経済は等価交換で自転車操業であるから、消費者に余裕があるわけではないし、CDを買わないだけお金が浮いて余裕が出来たなんてまったくないわけだ。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング