人気がないのに芸人ばかりテレビに出ているという奇妙な状況なのだけど、たぶん養成所ビジネスで、才能がない低学歴低知能でも笑いが取れる方法を確立させているのだと思う。
金を取って教えるからには、才能が無くても笑いが取れるノウハウが必要である。
それが芸人クズエピソードなのである。
こいつはこれだけクズというエピソードを用意する。
それが真実か嘘か、もしくは事実をかなり盛ったのか、何にせよ、テレビなら台本に書いてあるのだろうし、それなりに無難な笑いが取れてしまう。

考えてみると、クズエピソードで笑いを取るのは、ビートたけしが軍団と共演する時に多用していたと思う。
たけしは天才だとしても、軍団は才能ある人たちではないし、軍団で笑わせるとなれば、あいつらのクズエピソードを紹介するしかなかった。
このたけし軍団の手法がデフォになっている。
台本でクズエピソードを用意して、それを話しているのがよくわかるわけである。

才能がある人しか出来ない笑いということだと、養成所のビジネスが成り立たない。
才能が無くても笑いが取れるノウハウを教える必要があるのである。
クズでなければ芸人の養成所に来るわけがなく、クズエピソードには事欠かないであろう。

たけし・タモリ・さんまの時代に笑いの質を戻すには、芸人クズエピソードを禁じるくらいしないと駄目だろうなあ、と思うのだが、しかし、この安易な手法がないとなると、才能がある人しかお笑いが出来なくなる。
本当は当たり前で、才能がないのにプロの芸人としてテレビに出られるのが変なのであるが、養成所ビジネスが発展した結果として、どうせ競争原理もないのだし、こういうことになっている。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング