われわれは菊地最愛原理主義者である。菊地最愛しか応援しない。MOAMETALは認めない。菊地最愛単独公演が発表されるまではエルサレムに辿り着いたことにはならない。ボーカルが中元に固定されているという問題に強く異議を唱えるのであり、なにしろ菊地最愛原理主義であるから、もあちゃんの脇役キャラを容認することはない。芸能界のルールよりわれわれの聖典の方が優先するから、アミューズの決定を不承不承認めるということは断じてない。

中元はいわば野茂英雄のようなキャラクターなので、まあ悪い人ではないのだが、やたらとマイペースでもっさりしているわけである。もちろんさくら学院はDQNの集まりではないから、そういう個性の人として受容していたし、中元はポンコツの愛されキャラとなっていたのだが、現状では、カリスマとして裏に隠されている。さくら学院時代に嫌われていたという様子は見えないが、このところすっかり、あの人をいじってはいけない、という状況が生じている。ただでさえ取り扱いが難しい人間だし、アミューズ上層部の勘気に触れてはいけないということなのだろう。中元がポンコツとして愛される牧歌的な期間はすでに終わって、もはや腫れ物の極みとなっている。森先生にいじってもらって変な人扱いを続ければよかったのに、カリスマ路線を選択してICONIQのようになったのだし、さくら学院のコンセプトから遠く懸け離れ、別の世界の人間となったのである。

さくら学院の人間関係は武藤彩未ちゃんを中心に形成されているわけである。お互いが均等に仲良しなのではなく、あくまで武藤彩未ちゃんが中心である。彩未ちゃんに与えられている楽曲のレベルを考えるに、ベビメタとは雲泥の差があるから、ブレイクするのは困難だと思われるが、しかしそれでも彩未ちゃんが中心なのである。なぜ現状売れてないのに中心なのか、と言えば、水野由結ちゃんと幼少期から極めて親しいからであり、これが決定的である。さくら学院の校風は武藤-水野の関係の反映であり、水野由結という人間そのものが校風なのであった。天使と悪魔が共存しているもあちゃんではこれは出来ないことだった。これからは武藤-水野が完全に消えるので、山出愛子と岡田愛がステージ裏で殴り合うのが普通になる。

もあちゃんも、武藤彩未ちゃんにメールしたりして秋波を送っている様子が窺える。学生がバンドを作るのではないから好き勝手に出来るわけではないが、このままベビメタだと、16歳からのアイドル絶頂期が台無しになる可能性も高く、武藤彩未ちゃんと組んだ方が望ましいという考えも頭の片隅にはあるに違いない。武藤彩未ちゃんと組めば、必ず水野由結ちゃんが付いてくるので、中元陣営の切り崩しとしても望ましいし、他のさくら学院OBを絡めるのも中元さえいなければ出来る。BABYMETAL解散というのは極めて現実味が乏しいが、中元が不動のセンターという状況は変えなければならない。中元は声量ジャイアンなので、あれと一緒に歌うのは誰でも嫌だろうが、しかしちゃんと聴けばもあちゃんの天才的な表現力の美しさが際立ってくるのである。

ともかくどう見ても、菊地最愛こそが絶頂期を極めているアイドルなのだが、なぜかアミューズの中元推しがすごいらしく、それこそ中元原理主義である。われわれ菊地最愛原理主義者が中元原理主義に勝てるのかというと、それはまったく無理という気もするが、しかしアミューズは上場企業なので、なぜ菊地最愛という超絶的なアイドルが粗衣をまとい冷遇されているのか、株主総会で問われる可能性はある。

たぶんアミューズは中元の歌唱力がどうにかなると思ってるのだろう。やたらと声量があるので、この圧倒的な声量で蹂躙するスタイルで何とかしてるだけなので、日本人としては心に響かない歌手の典型であり、外人にしか人気が出ないのも納得だが、中元のためにわざわざ海外で人気を出して、逆輸入してくるという遠回りの時間的ロスはとても大きい。中元はアイドルではないから賞味期限にピリピリする必要もないのだろうが、ゆいもあに関しては、中元に青春を捧げろと言われているようなものである。花は一度しか咲かないし、青春は一回しかない。われわれは菊地最愛原理主義者である。中元のためにもあちゃんの絶頂期が失われるのは断固として拒否させてもらう。いくらもあちゃんといえども千年王国は築けない。僅かな時間だけ金色燦爛たる奇蹟を煌めかせるために生まれてきたのであるし、われわれはその瞬間的な奇蹟を特異点として永遠的に反芻したいのだから、それが一度も行われないのは人類にとって悲劇である。もあちゃんは頭の出来がいいので、30歳くらいになっても何かしら面白いことはやれそうだが、やはり容姿がピークの時こそ最大の利益を得られるのだし、偶像として人類の頂点に君臨できるのである。この大事な時期が中元計画の端役として消費されるのは人類にとって大きな損失である。薄暗いディストピアの大衆酒場で濁り酒を飲むだけのわれわれでも、そこにもあちゃんの歌声が流れてきたら、不意に涙が溢れるのだし、なにかしら、われわれには縁遠いながらも、人類愛の一端は幻視され、決して世界が薔薇色に塗り替えられるわけではないにしても、しかし、だからこそ心を響かせてくれる歌姫を求めるのである。われわれは菊地最愛原理主義者である。もあちゃんは人類のアイドルである。中元はアミューズ役員のアイドルであり、人類の財産ではない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング