われわれは菊地最愛原理主義者である。8月下旬にベビメタが海外フェスに参加することが発表されたが、これは要するに、菊地最愛という絶頂期にあるアイドルの単独公演が行われる見込みがないということである。海外フェスなど、われわれ菊地最愛原理主義者にとっては悲報でしか無く、この滂沱のごとく流れる血涙がディストピアを埋め尽くすのである。極めて商品価値が高いもあちゃんが16歳になっても、中元のステマに駆り出されるわけである。われわれ菊地最愛原理主義者としては、この抱き合わせ商法に徹底して異議を申し立てるし、あくまで菊地最愛を崇拝しているのであり、決して中元なんぞ応援してないというのをはっきりさせておく。もはや中元は異教徒であり、もあちゃんという聖地を強奪している邪悪な悪魔である。

なんか中元すず香は栗原類と同じオーラがするわけである。ポンコツキャラとして愛されていたのに、だんだん本人の自尊心の問題などで、それを拒み始めて、誰も触れない物件になってしまった。これは人間として自然な感情でもあるし、いじられたくないというのも自然だが、中元とか栗原類みたいな人間が「いじられたくない」と言い出すと、芸能人として終わってるので、メディアから消えて貰うしかない。現状の中元はゆいもあ人気に寄生しているだけだし、このめんどくさい女をどうやって駆除するかという段階に来ている。

ゆいもあは超絶的な人気があるが、BABYMETALは完全に頭打ちである。この現実は認めなければならない。菊地最愛と水野由結にすごい人気があるだけで、ベビメタはあまり人気がない。幕張の先行販売がほぼ全員当選だったことからして、BABYMETALはももクロになれないのは明らかである。個々人の能力でベビメタの方が上であるのはもちろんだが、それでも勢いがないのは、グループとして機能不全に陥っているのである。

イギリスではいつも通り中元があの圧倒的な声量で観客をなぶり殺しにするのだろうし、海外のメタルフェスならそれが絶賛されるというだけである。日本人からすると、中元が歌姫になれないのはわかりきっているし、これだけ海外で売れてるアピールしても、中元だけは人気が上がらない。アピールすればするほど、中元すず香の日本語表現力の低さが露呈されていくだけである。不退転の決意で海外に行ってるわけではないし、もし本当に海外でやっていくつもりなら、中元だけ海外でやればいいであろう。声量で圧倒するしか持ち味が無く、何を歌っているのかわからないのだから、このデスボイスの女王は海外に永住した方がいい。われわれは菊地最愛原理主義者である。菊地最愛としての活動が見られないことに絶望しており、また中元がアイドルにまったく興味がないのも事実であるし、人気面でももクロに近づくことすら出来ないのだし、中元は皇位を簒奪したに過ぎない。中元がいなくなってゆいもあだけでやれば人気が上昇してももクロくらいは簡単に追い抜けるのが実情だし、本当の歌唱力は菊地最愛こそが最高峰であるから、実力面でも上昇するのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング