われわれは菊地最愛原理主義者である。もあちゃんが中元すず香の脇役扱いになっていることに強く異議を唱えるものである。中元すず香は初見では凄まじい歌唱力を持ったスターに見えるかもしれないが、結局のところデーモン小暮と同じなのである。声量をMAXにするために、あまりナチュラルではなく、どこかしら人工的に加工したような声音になるのである。声を楽器として使っているのである。デーモン小暮の歌唱力は誰もが認めるところだが、しかし、デーモン小暮の歌が好きで好きで仕方がないという人はかなり稀である。どこかしら機械的であり、合成音でも聞いているような印象しか受けないのだから、これが心に響くはずがないのである。BABYMETAL自体、ブレイクはしたが、ももクロのように右肩上がりでファンが増え続ける様子はない。ボーカルの中元がまさにデーモン小暮のような実力派歌手であるだけに、あんまり人気が出ないのである。中元が不人気なのは、これからもずっと続く。実力派歌手として一定の支持は得るし、ファンはいるだろうが、あまり多くの人に感動が広がらないのである。これが実力派歌手の運命なのである。もあちゃんは実力派歌手ではないが、人間らしい表現力に満ちあふれていて、山口百恵くらいは簡単に超えられる逸材である。現状のベビメタはいわば絶頂期の山口百恵をサイドダンサーに使っているようなものである。この何が何でも中元すず香というこだわりが、ももクロがブレイクした時の勢いに遠く及ばない原因であろう。のど自慢ならデーモン小暮は山口百恵に勝てそうだが、そういう問題ではあるまい。ライブ会場を埋めるわれわれはカラオケの採点機ではないのである。デーモン小暮と山口百恵がいたらどっちに歌わせるかという問題である。われわれはもあちゃんの愛を求めているのである。しかも中元はMCが出来ないデーモン小暮だから、これが問題の深刻さである。BABYMETALとしてのブランドを管理するやり方も、所詮はマニュアルであろうし、菊地最愛という傑出した天才に対応出来てない。ニセモノを売ってるのではなく、もあちゃんという正真正銘の天才で商売しているという感覚がないらしい。Perfumeみたいなアミューズの落ちこぼれの人たちと同じ戦略をとるのはやめていただきたい。PerfumeとBABYMETALでは実力が天地の差であり、同じノウハウでやってるなら愚かである。中元は絶対的なセンターと決まっているのだろうし、もあちゃんはいわば一敗地に塗れたのであり、組織の力学で完膚無きまでに蹴落とされたのだから、二度と立ち上がれない状況にある。だがこの特別な天才がどこまで島流しにされようと、まだ弔辞を述べるには早いであろう。完全に未来が閉ざされたようにも見えるし、BABYMETALとしてCMに出ることが人生最大の目標に設定されたと思われるから、タレントイメージのために露出機会も極めて限られるであろう。ほとんど肉声を耳にする機会すらあるまい。しかし、もあちゃんの才能や人間性に惚れ込んでいる衆生はたくさんいるはずである。われわれ菊地最愛原理主義者は、どのような苦境においても聖地の奪還を諦めない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング