p5VpDJ7.jpg


ctIape4.jpg
PLrG5T6.jpg


武藤彩未ちゃんは三月までかなり容姿が劣化していたわけである。しかし先日の4月29日の渋谷公会堂は極めて美しい姿で現れたのである。わたしは五メートルくらいの距離から見ていたので、あれから五日が経つというのに、まだこの衝撃が醒めない。わたしはあくまでこの日のステージは水野由結ちゃんのために行われたと考えているわけである。前夜祭でのエピソードや、当日のライブ後半の「後輩のお手本でありたい」というMCは水野由結ちゃんに向けて言っているのだろうと、わたしは推察した。冴えない主人公を、なぜかその世界の頂点の人物が認めているという構図が物語でよく使われるわけである。「巨人の星」なら星飛雄馬と花形満の関係。「ガラスの仮面」なら北島マヤと姫川亜弓の関係。超人気アイドルの水野由結ちゃんはなぜか、武藤彩未ちゃんという落ちぶれたアイドルに憧れていた。姫川亜弓が北島マヤに対するように、いつか必ず自分と同じステージに上がってくると確信していたのである。他の誰も武藤彩未ちゃんがスターになるなんて思ってないのに、水野由結ちゃんだけが信じていた。武藤彩未ちゃんは才能があるだけにどこかしら芸能をなめており、口先だけというところがあるのだが、渋谷公会堂だけはまったく様子が違っていた。生きるか死ぬかという対決をしていたのである。血で書かれた文字だけに価値があるとニーチェは言ったが、まさにこの日は紅天女そのものだったのであり、その生死を賭けた重みのゆえか、この日の武藤彩未ちゃんは絶佳たる美しさの極みであり、かつてその容姿の美しさを褒めそやされた少女時代の輪郭を寸分違わず取り戻した立ち姿であった。水野由結ちゃんが求めるステージに立つにふさわしい人物だと証明してみせたのである。とはいえ、水野由結ちゃんはダミーだという疑惑も提示しておかなければならない。彩未ちゃんは三月まではアミューズの寮で暮らしていたわけである。この段階ではかなり劣化したドブスであった。四月から一人暮らしになったのだが、いきなり目が覚めるような美人である。当然ながら、彼氏と愛を育んで、それで美しくなったという疑念も生じてくる。あくまで水野由結ちゃんの愛で奇蹟が起こったと信じたいのだが、やはり一人暮らしのタイミングでいきなり美人になるというのは、われわれもそれなりの心構えをしておかなければならない。彩未ちゃんらしからぬ、このままステージで死のうかというくらいの激しい熱情も、彼氏との燃えるような熱愛の焔の反映と考えられないこともない。彩未ちゃんは松田聖子が目標云々言っているのだが、実力はとっくに松田聖子を超えている。現役の歌手で彩未ちゃんより上手いのはほとんどいないし、中元すず香は完全に問題外である。松田聖子は、いろんな天才作曲家が競い合って楽曲を提供するだけのカリスマ性があったこと、もしくはその時代の勢いの問題であって、スキルだけ見れば、誰も太刀打ち出来ないほどの存在ではないし、ともかく彩未ちゃんの方が実力は確実に上である。その人々を惹きつけるカリスマ性も、彩未ちゃんがここまで美人になったからには、あとは現在のプロデューサーを整理して、あらゆる才能を集めるべきなのだが、やはり一人暮らしのタイミングで美人に戻ったというのがどうしても懸念される。前半のMCで「可憐ガールズの時に渋谷公会堂でやったことはあるんです」と言って、そこから思い出は語らず、中元の名前も出さなかったことからして、中元ごり押し問題、ゆいもあ奴隷問題、何よりも自分が落ちぶれている問題、そのあたりのすべての矛盾に決断主義者として立ち向かい大絶賛されるパフォーマンスを演じきったと考えたいが、やはり一人暮らしのタイミングで突然美人になったというのが、どうしても怪しさを感じさせる。彩未ちゃんが完全覚醒したことで、中元だけがごり押しされる不自然さに終止符が打たれることを期待するわけだが、男性スキャンダルの可能性が絶無と思われる中元と比べると、どうしても彩未ちゃんは不安である。彩未ちゃんは同性から支持されやすいタイプであるし、ある程度売れればミーハーな女子が付いてくるし、恋人を作っても何ら問題ないが、人気が浸透するまでは男子の熱量でカバーするので何とか耐えて欲しい。わたしは道重さゆみちゃんのスキャンダル以外なら何にでも耐えられるので、そこは問題ないのだが、やはり彩未ちゃんが完全に覚醒し、もはや中元が雑魚になった現状であるし、われわれ菊地最愛原理主義者としても、どうしてもベビメタは潰れて欲しいので、やはり一人暮らしでいきなり美人という問題が不安で仕方ない。ライブ会場で体験してもらえれば中元は日本語がおかしいのがはっきりわかるし、彩未ちゃんは滑舌がとても綺麗で、ここまでライブ歌唱が凄い人は絶対にいない。美人に戻ったのだから、あとはライブを重ねるだけで人気は出るし、楽曲レベルを上げれば、頂点まで行ける逸材である。最低でも松浦亜弥は超えるから是非チェックしてもらいたい。だが、一人暮らしでいきなり美人ということだけがどうしても気がかりである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング