小室哲哉は、あれだけキラーチューンを量産できるという点ではかなり異例なわけである。
もちろん松任谷由実もあれくらいは量産しただろうが、ともかく、量産できる人はかなり特殊なのである。
たいていは才能があると言われる人でも、生涯に数曲しかキラーチューンは書けない。
次から次へと平気で出せる人は本当に限られている。
それにも関わらずなぜか小室哲哉のスタイルを取っていることがあるわけである。
才能が小室並みにあるならいいが、まったくそうではないのに小室方式だったりするわけだ。

武藤彩未ちゃん本人は完全覚醒したが、しかし不安材料はプロデューサー(本間昭光)が作曲家を兼任していることである。
彩未ちゃんの唯一のキラーチューンのA.Y.Mは本間昭光作曲ではないから、本間昭光は楽曲の大半を作曲しているにも関わらず、一曲もキラーチューンを書いてないことになる。
本間昭光が作曲した中では、Daydreamin'という曲だけはあと一歩でキラーチューンなのだが、これはアレンジが平凡すぎるので駄目である。

KOBAMETALなら、このDaydreamin'の前奏か間奏にキャッチーなキーボードのフレーズは必ず入れるはず。
他の作曲家に前奏と間奏だけ書いてくれと依頼するわけである。
BABYMETALがキラーチューンだらけなのは、いいフレーズの部分だけ残して、悪いところは他の作曲家に何度も何度も書き直させているからである。
武藤彩未ちゃんのDaydreamin'がキラーチューンになり損ねたのは、アレンジが単純すぎる問題を放置してそのままリリースしたからである。
端的に言うと、本間昭光が共作者を入れたくないからである。
アレンジャーが親切にすごいキャッチーなフレーズを考えてくれればいいが、そうはいくまい。
アレンジの仕事でそこまで親切にはやらない。

ともかくそういうことだから。
彩未ちゃんのプロデューサーは交代させてアミューズ社員にやらせてください。
そしてDaydreamin'は前奏と間奏にキャッチーなフレーズを入れればキラーチューンになるので、これは他の作曲家に書かせてください。
前奏を聴いただけでおっと思うような印象的なフレーズが仕上がるまで何十人にでも書かせてください。
今のアレンジだと平凡すぎるし、平凡なアレンジでも大丈夫なほどの名曲ではないから、せっかくそれなりの曲を書いた本間昭光も報われないでしょう。
新しく就任するアミューズ社員のプロデューサーが前奏と間奏の改善をしてくれることを望みます。
KOBAMETALという成功事例があるのに、それに反した小室哲哉方式を続けるのは愚かです。
本間昭光は小室哲哉ではないので、そこをよく考えてください。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング