われわれは菊地最愛原理主義者であるから、ゆいもあを奴隷化しているKOBAMETALに憤激しているわけである。
本間昭光ではKOBAMETALを叩きつぶせない。
そして武藤彩未ちゃんが埋もれていく懸念も重大である。
ほとんどキラーチューンしか出さないKOBAMETALに比べたら、本間の能無しは酷すぎだし、彩未ちゃんがブレイクしきれない懸念があるわけだ。
というかこの本間昭光って50歳だけど、50年間で本当にすごい名曲作ったことあるのかよ?
彼がポルノグラフィに作曲したものとか、全然いいと思わない。

この本間昭光とKOBAMETALの才能の格差が問題であり、われわれ菊地最愛原理主義者としては、なんとか本間を更迭し、KOBAMETALに対抗できる人材を捜して欲しいわけである。

だが、アミューズの立場に立って冷静に考えると、武藤彩未ちゃんのプロデューサーもKOBAMETALにしたいのではないかと思う。
なにしろKOBAMETALはアミューズ社員だから言われたらやるしかないし、自分では作曲しない。
他人に作らせて、不満がある箇所は他の作曲家に直させるとか、そういうことを延々とやっているだけである。
つまり他人に作らせるノウハウだけでプロデュースしているのだから、KOBAMETALの才能が尽きるということはないわけだ。
武藤彩未ちゃんを引き受ける余裕もあるはず。
武藤彩未ちゃんそのものは最高の状態に仕上がっているから、キラーチューンを投じてくれるだけでブレイクすると思われるし、ブレイク寸前の素材に、キャッチーな曲を提供するだけで確実に戦功を上げられるから、悪い話ではないであろう。

KOBAMETALは最高の音楽を作るという音楽的な良心だけはある。
ゆいもあ奴隷化は許し難く、こいつのせいで、ゆいもあの商品価値ピークの時期が奪い取られているわけだが、とはいえ、本間昭光には音楽的情熱を感じないし、本間が彩未ちゃんに提供した中で唯一マシなdreaming'という曲も、前奏と間奏を淡泊なままリリースしてるし、こいつやっぱりおかしいよ。
音楽への情熱があったら、あの半端なアレンジでは出せないだろ。
しかもこいつが書いた中ではかなりマシな部類の曲なんだぞ。
(マシだからこそ共作者を入れたくなかったのだろうが)。

KOBAMETALが彩未ちゃんに名曲を提供したら、水野由結ちゃんという天使が大感激して大粒の涙をあふれんばかりに流しながら感謝感激するであろうし、水野由結ちゃんへのプレゼントとしてこれ以上のものはない。
KOBAMETALプロデュースの楽曲で武藤彩未ちゃんが紅白に出たりしたら、水野由結ちゃんがどれだけ狂喜乱舞するか、言葉では表現しきれない。
この中元推しに固執してるオッサンでも、やはり水野由結ちゃんに好かれたいという下心はあるに違いないし、武藤彩未ちゃんに名曲を作るモチベーションは充分にある。

本間が無能だからKOBAMETALみたいなの探せと言ってきたけど、そもそもKOBAMETALアミューズ社員だから、こいつに武藤彩未もやらせようというアイデアは当然あるだろうし、何度も言うようにKOBAMETALは他人に作曲させては突き返すことの繰り返しだから、才能が尽きる心配もない。
彩未ちゃんは生バンドでやるから、生演奏をどうするのかという懸念が生じたのだが、これも考えてみれば、BABYMETALプロデューサーのKOBAMETALが適任なのである。

なんか考えれば考えるほどKOBAMETALが武藤彩未ちゃん担当するような気がしてきた。
本間やめさせるとして代わりは誰かと考えると、現実にはアミューズ社員のKOBAMETALである。
あとはどうやって本間昭光に引導渡すかであろう。
本間は才能ないからやめてくれ。
ゆいもあ奴隷問題に関しては、彩未ちゃんがブレイクしたらきっとどうにかしてくれるであろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング