われわれは菊地最愛原理主義者である。
アミューズが中元すず香を推すのはそろそろ限界だと思うし、なにしろ菊地最愛がそれに付き合わされていることに耐え難い思いをしている。

・菊地最愛という天才表現者の機会が奪われている
・われわれが菊地最愛を見れない絶望感
・16歳からの商品価値の高さを考えれば菊地最愛本人は億単位の損害

中元すず香とSU-METALの関係について述べておきたいが、中元はすごいおっとりした性格なのである。
勉強は出来ないが、教室の隅でおとなしくしてるので、トラブルメーカーでないだけマシという地味な女である。
そういう意味では、他人の反感を買わないタイプだと思う。
われわれのように菊地最愛こそが天才だと信じる薔薇十字軍からすれば不倶戴天の敵であるが、普通であれば人畜無害である。

中元すず香は女の子としてみると骨張っていてあまり可愛くないのだが、これを宝塚の男役みたいな感じで見るなら、かなりの美形と言える。
ここがものすごく厄介なのである。
女の子として出してしまうと可愛くないから、男性的なSU-METALをやらせるしかないのだ。
何も喋らせなければ、貴公子のような風格があるのは否定しない。
女の子としては可愛くないが、スタイルが非常にいいし、男役として捉えるならかなりの美しさであろう。
SU-METALというキャラクターを演じさせたのは、中元すず香の美男子風の外見を活かすために成功したと言える。
だが、そろそろ限界に近い。
本人がおっとりした性格で教室の隅にいるような女の子なのに、男前な役をステージで演じさせるのは、初見ではインパクトはあるけど、だんだん醒めてくる。
中元はいいかもしれないが、このSU-METALの設定を維持するために、ゆいもあは脇役固定である。
水野由結と菊地最愛の商品価値は現在が絶頂期である。
ゆいもあを脇役にしてまで続行することではない。

結局のことろ、アミューズは中元すず香を女性として売る自身がないのである。
やはり容姿の問題として、男性的なキャラクターにしておきたいからSU-METALに固執するわけである。
だがゆいもあの機会損失が本当に大きいし、ゆいもあからすれば億単位の損失であるから、そろそろ中元すず香を女の子として売り出すことも考えて欲しい。
どうしてもSU-METALにこだわるならサイドダンサー交代も含めて検討して貰いたい。
さくら学院から才能のある子を選べばいいであろう。
サイドダンサー交代したベビメタより、ゆいもあの方が人気が出ると思うから、そこが中元推しのアミューズ役員には恐いんだろうけど、水野由結にも菊地最愛にも人生はある。
ゆいもあは奴隷ではない。
交代するサイドダンサーにしても、さくら学院の子なら優秀であろうし、ゆいもあが希望するなら交代させて欲しい。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング