人間は17歳くらいで自我に目覚めるわけである。理由はいろいろあるだろうし、本能的な部分も大きいだろうが、17歳くらいで骨格の成長も止まるし、容姿も固定されるので、はかない希望が潰えるのだと思われる。さすがに17歳過ぎれば、これから見違えるような美人になるとかイケメンになるとか、そういう願望は持てない。将来的にどういう容姿になるかは子どもの段階でほとんど予測が出来るが、時たま著しい劣化や、著しい容姿の向上も見られるため、17歳くらいで確定するまでは奇蹟を信じることが出来る。だが17歳を過ぎたら、さすがに容姿に関して奇蹟は期待できない。このあたりから庵野秀明の後継者になるとかクリエイター願望、つまり内面に底知れぬ可能性があるという妄想が浮かんでくるのかもしれないが、等身大の自分を蛇蝎のごとく嫌い、ひたすら未来に奇蹟を求め、暗澹たる現実から目を逸らし、自意識を豚のように膨れあがらせる先にあるのは破滅でしかない。はるかぜは今のところ美人という設定になっているが、これは中学三年生だから辛うじて奇蹟に縋ることが出来るのであるし、さすがに、ここから急激に美人になることはないから、数年先が思いやられる。容姿を売りにするのはどう考えても無理なのに、はるかぜ(母親)は容姿を売りにしたがっているし、美人でなければならないというこだわりが、いずれ大きな問題に繋がるであろう。足が長くて美人とか、そんなボディ・イメージを本人に持たせたら、17歳で現実が見えてきた時のはるかぜの絶望の深さたるや、表現する言葉すら見当たらない。小学生の頃は大人顔負けで一万冊の本を読んでいる天才子役という設定だったが、学力不振を極めているのが現状であろうし、知力で見栄が張れなくなったら、今度は美人だということにしたのである。現実の本人とは懸け離れた設定を与え、やがて現実に直面させられるという繰り返しである。最終的に自分の人生として責任を引き受けるのははるかぜ(娘)の方であるし、はるかぜ(母親)は贔屓のチームが惨敗した時の絶望や憤慨に打ち震える程度であろう。応援は努力とは違うし、興奮状態で喜怒哀楽に身を委ねるだけだから夢中になれる。美人という設定だけはやめた方が未来のダメージの軽減のためにいいと思うが、何かしら特別な存在であるという見栄を張りたいのであろうし、簡単にやめさせることはできまい。だいたいはるかぜ(娘)が本当に美人だったら、ああやってツイッターに苦心惨憺した画像をアップし続ける必要はあるまい。ITmediaの岡田有花に提灯記事を書いて貰った初期の頃の勢いが忘れられないのだろうが、あれは小学四年生だったから大人顔負けというのも可能だったけど、中学三年生でもツイートのレベルが変わらないことから、誰でも岡田有花の記事が誤りだったことは知っている。本人がやたらと勉強を嫌っているのも、大人顔負けの賢い子どもというイメージの破綻と何かしら関連性があるだろうし、どっちみち勉強が出来ないとしても、挫折感がトラウマになっていると思われる。美人という設定だけは本当にやめた方がいいし、このまま続けていたら、本人が自分の容貌で深い苦悩に陥るのは明らかである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング