dmharukaze.jpg


はるかぜ親子がいつものゾーンに入ってきた。
絶対に非を認めずに延々と弁解することで炎上させる盛時の面影が蘇りつつある。
今回はラブライブの声優の久保ユリカに乗っかろうとしていろいろ嘘を吐いているわけである。
はるかぜの方が先にツイッターを始めているので、久保ユリカの影響で始めたというのは真っ赤な嘘なのだが、これもクソみたいな弁解で乗り切ろうとするわけである。
わたしははるかぜ(母親)がどんな人物かまったく知らないが、嘘がバレては別の嘘で弁解することを繰り返してきた生活史がまざまざと脳裏に浮かび上がってくる。

DMで指摘されたというのも明らかな嘘である。
フォローしてない人からのDMを受け付けることは設定変更で可能なのだが、その場合には、こういう画面になるのである。

dairectomesage.jpg


はるかぜのツイッターはDMを受け付けるアイコンがないので、受け付けていないのは明らかである。
このあたりも、アイコンがあるか無いかで歴然としているのに、あまりにも杜撰な嘘をつくわけである。


嘘をつくのが犯罪なのかと言えば、おそらく詐欺罪が成立するのは稀であろう。
とはいえ、人倫の問題として好ましいとは言えない。
誰でも見栄を張ることはあるが、はるかぜ(母親)は見栄を張りすぎであり、そもそも元々は一万冊の本を読んでいる天才子役だったわけである。
実物の娘と懸け離れた理想の姿を発信し続けているのは、いずれグレるのが確実であり、児童相談所の案件でもある。
「昔からファンでした」というのは中川翔子がよく使う手法であるし、おそらく久保ユリカと共演する機会が近いうちにあるのだろう。
いろいろ嘘を付いているのは擦り寄る準備運動なのである。
犯罪ではないにせよ、ファンでもないのにファンですというのは、やはり常識を疑われる。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング