はるかぜが不登校であると確認したわけではないのだが、というより確認する手段はないが、学業を完全に放棄しているように思われるので、そう推察していいであろう。はるかぜは学校行事だけは必ず出るというポリシーがあるらしい。普段の授業に行っている様子がないのに修学旅行に行く神経がよくわからないが、それがババアの考えなのであろうし、さすがにはるかぜ(娘)は死んだ目で楽しい素振りをしているだけである。親を安心させるための演技である。普段からの学校生活での人間関係が無く、行事だけお客さんとして参加するのが楽しいはずはない。たぶん学校の先生から「あの子の友達の役をやってあげて」と頼まれている生徒がいるのだろうが、いわば知らない人のお誕生会に参加するようなものである。はるかぜ(娘)が本気でこれを愉しんでるとは思えず、本人としては憂鬱になりながらも、「楽しい修学旅行」というフィクションを演じるしかないのである。普段なら作り話満載なのだろうが、さすがに同級生の手前それは出来ないであろうから、今回はおとなしい。

中川翔子に食いついたことでナベプロにも入れたのだし、オファーはないにせよ、事務所経由の仕事はもらえるようになったので、最低限の格好は付いたと言えるし、おとなしく勉強でもすればいいのだが、この家庭では母親の満足度が最も大事なのである。決して需要があるわけではなく、事務所から回して貰った仕事で細々と活動するのではチヤホヤされないから嬉しくないのであろう。実物の娘とは懸け離れた理想的なイメージをツイートするのが生き甲斐になってしまっているので、これをやめさせるのはナベプロの力でも無理らしい。子どもが自分の理想通りにならないと発狂する教育ママもどうかと思うが、ネット上で理想を演じるのがライフワークという人間はさらに根深い問題であろう。教育ママも代筆ママも、本人の主観では頑張っているつもりなのだが、実際は喜怒哀楽に身を委ねているだけなので、これは時間の消費活動でしかないから、地道な努力とは似ても似つかない。

この世の中では嘘が認められている。サッカーでファウルが認められているのと同じである。イエローカードが出ない範囲内で嘘を付くことはむしろ推奨されている。ババアはレッドカードが出るような嘘ばかり付くので、嘘が許される範囲の見極めが出来てない。どこまで許されるのかは空気の問題であり、誰も説明してくれない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング