こういうのは明言されないのではっきりとはわからないが、明言されないからこそ行間を読む必要がある。
その補い方が正しいかどうかは知らないが、たいていは話者の側でも、言い淀みながら遠回しにヒントを与えているものである。
はっきりとは言いたくないだけで、伝えておこうという気もあるのである。

まず明確なのは、今後は武藤彩未ちゃんに生バンドを付けないということである。
今後奇跡的にブレイクすることでもない限りカラオケだけで活動することになる。
アミューズが推していく対象から外れたということである。
彩未ちゃんはトークスキルがかなり高く、話の中身は詰まらないのだが、間の取り方とかリズム感に天性のものがあるので、タレント業の目は残っていると思うが、アイドル歌手としては縮小の方向である。

武藤彩未ちゃんは容姿そのものはまったく劣化しておらず、4月29日の渋谷公会堂の日に無理して痩せた時はかなりの美人であったのだが、それ以降はずっと太っている。
渋谷公会堂のライブそのものは望外の出来映えだったのであるし、あのまま痩せていれば人気も右肩上がりだったはず。
すぐに太ったことで、あの金色燦爛たる煌めきを放ったステージが一夜の奇蹟だったような印象を与えてしまった。
痩せてる時に見ると、以前よりおっぱいが大きくなってるので、おそらく女性ホルモンが成熟した体つきにしようとしているのだろう。

われわれの感覚からすると、痩せるだけで美人やイケメンになれるなら、どれだけ体調を損ねようが痩せる。
無理なダイエットをすればイケメンになれるなら、どれだけ貧血や動悸眩暈息切れや頭痛に悩まされようが痩せる。
心筋梗塞や脳溢血でポックリと逝っても悔いはない。
武藤彩未ちゃんは痩せれば美人という余裕があるので、ここまで来てしまったのだろう。
本当のドブスからすれば、美人になれるなら寿命が50年縮まっても構わないと考える。
彩未ちゃんはドブスやブサメンの苦しみがわからないので、デブをいじられて傷つきながらも、痩せれば美人という余裕があったわけである。

彩未ちゃんは中元すず香より確実に歌唱力はあるし、声量以外ではすべて勝っている。
中元の声量は異常なので、活動家になるのでもなければあそこまででかい声はいらないし、テレビ付属のスピーカーではベース音が絞られるから、メタルの重低音を突き抜けていくボーカルなど披露できないし、音楽番組で何の結果も残せていない。
中元の容姿はかなり劣化していて、あのゴツゴツした女が可愛いわけがないが、男の格好をさせると様になるので脱出路はあった。
この冴えない女をSU-METALというイケメンにするために多くの人が迷惑しており、ゆいもあ奴隷化に加えて、様々な言論統制も行われており、暗黒の中世そのものである。

松田聖子が好きだというのは村上春樹が好きなのと同じというのは指摘したことがあるが、おそらくアイドルに興味がないという根源的な問題がある。
武藤彩未ちゃんの歌唱スキル自体は全盛期の松田聖子をとっくに上回っているが、ブスでもいいなら松田聖子より歌が上手い人は世の中にたくさんいる。
カリスマやオーラがあった上で歌唱力があるからすごいわけである。
彩未ちゃんは痩せていればよかったのだが、肥満によりカリスマもオーラも身につけることが出来なかった。

そして武藤彩未ちゃんが、水野由結ちゃんと幼少期から極めて親しいということが、アミューズ社から見ると疎ましくて仕方がないのである。
中元と水野がたいして仲良しでないので、ここに分断工作を仕掛けられたら堪らないという危惧は持たれている。
幼少期から水野由結ちゃんと親しく、たぶんアミューズにも紹介し、さくら学院でもゆいちゃんを天使として育成したのだから、アミューズ社から彩未ちゃんに菓子折くらいは届いて当然なのだが、アミューズ社は彩未ちゃんをスパイであるかのように考えているようだ。
中元陣営にゆいちゃんを盗まれたのに、盗っ人猛々しい中元陣営から泥棒猫扱いされているのだから、踏んだり蹴ったりである。

武藤彩未ちゃんはアミューズをやめるのも選択肢ではあろう。
もはや立派な不良債権であるから、円満退社し別の事務所に移籍するのは、アミューズ側も大歓迎であろう。
水野由結ちゃんと別の事務所になれば「武藤は水野に何か吹き込むのではないか」と疑いに満ちた目で監視されることもなくなるし、アミューズとしても心配事が無くなる。
他の事務所に行けば新天地で楽園というわけではあるまいし、アミューズそのものは、KOBAMETALと中元すず香を除いては全員いい人ばかりの事務所なのだが、その例外的に厄介な二人の迷惑行為に悩まされているのも確かであるので、移籍も選択肢としてはあり得る。

彩未ちゃんは他のアイドルと対バンを重ねるべきなのだが、たぶんアイドル自体が好きではないと思うので、これも厄介である。
世界最高のアイドルである菊地最愛ちゃんが、KOBAMETAL+中元すず香に監禁されているので、もあちゃんも刑務の手を休めた時にアドバイスしてくれるだろうし、獄中にいるもあちゃんの代わりに彩未ちゃんが娑婆で活動することも可能ではあろうが、見識の高いもあちゃんの意見でも、彩未ちゃんが素直に聴くかどうか疑問がある。

たとえばJuice=Juiceは年間220公演やると言ってるから対バンの企画は簡単に通りそうだが、彩未ちゃんは嫌がるかもしれない。
もあちゃんはハロプロ大好きだからJuice=Juiceとの対バンは大喜びでやるだろうけど、彩未ちゃんは興味ないだろう。
落ちぶれているといえば東京女子流もそうだが、(ちなみにアイドルではなくアーティストだと言い始めたが)、こことも対バンはやりやすいであろう。
東京女子流そのものは完全に終わっているが、新井ひとみちゃんという子だけはものすごい美少女で、相当にレベルが高い。
橋本環奈より新井ひとみの方が絶対にいいし、どこかでブレイクする可能性はある。
女子流は歌唱力が足りてないので、彩未ちゃんがavexに移籍して加入すればフィットしそうな気もするのだが、これはわたしの妄想である。

彩未ちゃんはそこらのアイドルをゴミの集まりと考えているはずだが、今述べたように新井ひとみちゃんの美少女ぶりは凄まじいし、どこかしら魅力のある子はいるのである。
水野由結ちゃんと親しいという理由でアミューズに疎まれているのだから、他のアイドルと対バン企画をやって交流してみてはどうかと思う。
売れないアイドルとの対バンが基本になるが、菊地最愛ちゃんはアイドル文化の権威であるし、芸能界やアミューズの仕組みや彩未ちゃんの現状も踏まえて、どこかしら見込みがある相手を薦めてくれるはずである。

彩未ちゃんは松田聖子に会ったこともないわけだ。
松田聖子が好きという安っぽいミーハー根性は終わりにしろ。
松田聖子という過去の遺物に価値はない。
この現代においては、水野由結と菊地最愛こそが最高の人物であり、この偉大な人間に教えを乞わなければならない。
これからの時代を作り出していく志士が本当の主役である。
今はKOBAMETAL+中元すず香に幽閉されて表に出てこられないが、ゆいもあこそが最高であり、ゆいもあに比べたら松田聖子はゴミクズ。
このところ精神的に追い詰められていた彩未ちゃんを、水野由結と菊地最愛はずいぶん励ましてくれたはずだ。
優しい後輩くらいにしか思っていないのであれば、それは愚見の極みである。
水野由結と菊地最愛は人間として最頂点に君臨する人物なのだから、謙虚に耳を傾け、そしてどれだけ苦しかろうと、ゆいもあと同じ時代に生まれて友誼を結べることの価値に気付かなければならない。
松田聖子の過去のネームバリューなどに惑わされるべきではない。
まだ名前を世に知らしめていない麒麟と鳳凰にこそ燦たる新しき人間性の本質があるのだ。

この世の中は類は友を呼ぶという法則で貫かれている。
だいたい同レベルの人間が群れている。
武藤彩未ちゃんは、水野由結ちゃんとの関係を利用してベビメタを崩壊させかねないと疎まれているのだが、そこまで水野由結ちゃんと親しいというのは、ゆいちゃんと同レベルの人物なのである。
松田聖子が好きというゴミみたいな設定で目が曇っているから、彩未ちゃんは水野由結と菊地最愛がどれだけ傑出した大人物か気付いていない。
くだらない設定を取り除いて蒙を啓かなければならない。
この時代に生まれてきて、水野由結と菊地最愛に出会うことくらいに価値のあることは他にない。
松田聖子のような老廃物はどうでもいいから、水野由結と菊地最愛こそ、これからの世界を作る偉大な人間であることを悟らなければならない。
武藤彩未ちゃんが、水野由結と菊地最愛と同じ時代に生まれて、桃園の誓いを立て義兄弟の契りを結び、この険しい人生を生きていくのであれば、どこで横死しようと、それは素晴らしいものに違いないのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング