暇つぶしという言葉をわれわれはよく使うが、あまり考察されていない。
暇というのもよくわからず、そんなに暇なのかという問題である。
おそらくネットやゲームもない時代だと、暇で仕方がないというのがよくあったはず。
今日だとネットとゲームに行ってしまうので「暇で仕方がない」という認識は乏しいが、だらだらと時間を潰しているのは同じであろう。

人生で時間ほど重要なものはないのになぜ暇というのがあるのか。
おそらく集中力が高まらない時間帯を暇と呼ぶのである。
時間を溜めておくことは出来ないので、集中力が追いつかなくても時間がどんどん垂れ流されていく。

注意力と集中力は異なるが、だいたい似通っている。
ADHDだと時たま集中力が高まるが、要するにムラがあるので、注意力がない人間はたいてい集中力もない。

いろいろ考えると、インプットとアウトプットの違いに帰着する。
ADHDはアウトプットの人間なのである。
ただひたすら放電し続ける。
ネットがある現代だと、延々と投稿したりする。
これに夢中になっている状態はあくまで放電であるから本当の集中力とは言い難い。

ADHDはインプットが非常に嫌いであり、落ち着いて読書をするなんてもってのほかである。
黙って座るところから読書は始まる。
読書をしている時はアウトプットが出来ないのでADHDにはストレスが溜まる。

「こんなことをやっている暇があったら」という決まり文句があるが、ADHDはどっちみちアウトプットしか出来ない。
ネットとゲームを取り上げれば、多少はマシになるかもしれないが、どっちみちインプットが苦手なことに変わりはない。
インプットに時間を使えというのは簡単だが、なにしろ黙って座っていることが出来ないので、なにかしら衝動的な言動に走るしかない。

黙って座っているのを自主的にやってこそ入力待ちの状態になるので、怒鳴りつけたり縛り付けたりしても意味がないが、ADHDにはそういう措置しかない。
騒いだり暴れたり、衝動的に垂れ流すのがすべてであるし、自主的に落ち着いた状態など一度も体験せずに死んでいく。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング