われわれは関心を共有することで世界に共同存在している。その場に居合わせるひとたちと関心を共にしなければならない。物が交換されると市場となるように、人間が接すると世界なのである。満員電車に押し込まれたひとたちは、アーヴィング・ゴッフマンがいう儀礼的無関心を貫いており、狭い空間にひしめき合いながらも素知らぬ様子を貫いているが、コミュニケーションが期待される空間でそういうわけにはいかない。場を生成しなくてはならないのだ。ADHDは気が散っているから関心の焦点が合っていない。ひとびとの注意や関心がひとつの像を結ぶことが期待されている時に、ADHDは一人だけぼんやりしているのである。これは悪事とは別の問題である。注意欠陥で交通事故を起こせば悪事となるだろうが、ぼんやりしている程度であると、悪事というわけではない。何かしらズレがあり、周囲と咬み合わないだけであるから刑務所に送るわけにはいかない。なにをやってもチグハグな人を悪意に満ちた凶賊と扱うわけにはいかず、地獄で獄卒にいたぶられるべきとも言えないが、やはりADHDは酔っぱらいと言うしかないのである。昼間から酒を飲んでいるような状態。これも文字通り本当に飲酒していれば悪いと言えるのだろうが、ADHDは酒を飲んでないのに酔っぱらいなのだから悪事とは言い難い。ぼんやりしているのは、他者に注意を向けて関心を共有することを拒んでいるのだから、一人だけ酔いつぶれて正体不明なのである。ADHDは面白がる天才であるがゆえに天才にならない。どのような愚かしい些末な夾雑物でもADHDは笑うことが出来るし、自分だけでお祭り騒ぎになってカタルシスを得る。そんなに楽しいのになぜADHDの人生が塗炭の苦しみになるのかと言えば、一人ではしゃいでる状態が顰蹙を買うからである。空疎な歓喜があるだけで、そのカーニバルが終わった後は狂躁の残骸しか残らない。やはり酔っぱらいなのである。いかにも楽しそうにネットに大量投稿する人がどこにでも必ずいるが、アル中かADHDかどちらかである。面白がるのが悪事であろうかというと悪事ではないだろうが、やはり酔っぱらいなのであるし、自分が面白いことが他人も面白いかどうか考えることもないから、悪目立ちを繰り返して蛇蝎のごとく嫌悪されるのも自然である。「酒など飲んでない」と反論されても困る。抜け目がない人間とは対極であるからイノセントと言えないこともないし、迫害される無辜の民という自意識を持つこともあるが、その盲いた生き方はアル中と同じなのだから脳障害と呼ぶしかない。地獄には堕ちないとしても賢明さを欠いているのは間違いなく、何をやってもちぐはぐな人間を有徳者とは言わない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング