http://logirl.favclip.com/article/detail/5644753345445888
──在学中に、ほかの人のデビューが決まったりすると悔しかったりしましたか?

悔しいというよりは、自分もがんばろうっていう気持ちになりますね。(鞘師)里保ちゃんがモーニング娘。さんに入ったときは、「なれるものなんだ」と思って、自分もがんばりたいなと思いました。

──鞘師さんはどんな方でしたか?

とにかく大先輩です。私がASHに入ったときからいて、そのときからオーラが違ってました。(鞘師)里保ちゃんと(中元)すず(香)ちゃんはずっとトップにいて、ふたりでASHを引っ張ってる感じでした。

──ふたりはライバルのような関係だったんですか?

そうだと思います。ふたりは同じクラスになることが多くて、クラス内オーディションで歌割りを決めるんですけど、いつもみんなの前で、どっちが大サビを歌うのかを発表されるような感じでした。ふたりとも、みんなの憧れの存在でしたね。


鞘師と中元の関係はだいたい想像が付いていたが、アイドルルネッサンスの石野理子がそれを語るということでいろいろと裏付けがなされた。あくまで鞘師に気を遣って、中元と鞘師が並び立つ存在だったと言っているが、当時のアクターズスクール広島はアミューズと提携していたから、鞘師への評価は察しである。しのぎを削るようなライバル関係なら鞘師もアミューズに入っているはず。いつも鞘師が負ける役であったと考えていいだろう。

BABYMETALは意外とテレビに出ているのだが、中元の取り柄が声量しかないので、あの暴走族みたいな轟音を鳴らすライブ中心になっている。中元はテレビの一般視聴者にインパクトがないだけでなく、むしろベビメタのファンが最もショックを受けて、こんなに下手なわけがないとわめいて、歌番組の演出に難癖を付けるのが定番である。いくら声量があっても、テレビに付いてるスピーカーだとベース音が出ないから押し切れない。とはいえ中元と並ばされて歌うとなれば、あの声量に圧倒されるのだと思う。テレビの前の人は、自分の声量と中元の声量を比べてるわけではないので、まあどうでもいいのだが、いつも並ばされて延々と比較されるとなると拭いがたい劣等感が生じるのだろう。

鞘師里保も武藤彩未ちゃんもやたらと気難しい性格だが、やはり中元が原因だと思われる。水野由結ちゃんと並んでダンスをやらされているもあちゃんはまったく病んでない。中元は水野由結ちゃんと違って相手の心を折るわけである。中元と水野の不仲もそのあたりの性格の違いであろう。テレビの前の視聴者にはインパクトがないのに、ライバルを鬱病にする力はあるのだから、すごいボーカリストである。

鞘師と彩未ちゃんは似たようなデブに見えるかもしれないが、鞘師から脂肪を取り払うと中からXのTOSHIが出てくるだけである。彩未ちゃんは骨格も肌質もまったく劣化しておらず、元が童顔過ぎるから、普通の人がゴツゴツしてくる年齢になって、ようやく標準的な美しい骨格になってきたのだが、デブが治らないらしいので、これまた深刻である。痩せれば水野由結ちゃんクラスの外見なのだが、どうしても痩せたくないらしい。室伏みたいな女と競わされたことで、なにかパワーを付けないといけないと思いこんでいるのかもしれない。中元の最大の欠陥はなんと言っても顔面がドブスということであり、ここで心を折らなければならない。鞘師は再起不能なので、痩せれば正真正銘の美人である彩未ちゃんに託すしかないのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング