PerfumeはKOBAMETALと昔からの知り合いであり、揶揄のネタにするほどの関係である。ベビメタのメンバーがKOBAMETALをお父さんと呼んでいるという挿話を、Perfumeがネット番組で紹介して茶化していたわけだ。Perfumeと中元すず香はアクターズスクール広島で縁がある。これまでのKOBAMETALの説明によれば、可憐ガールズを見て中元すず香をプロデュースしたいと思って会社にプレゼンして認められたということだが、あまりに用意周到であることからして、KOBAMETALと中元はずいぶん長いこと共犯関係にあるという仮説も成り立つ。KOBAMETALという山師の経歴が謎とされているのは不思議なことである。普通なら出世したということで表に出てきそうなのに、なぜかアミューズでの立場が判然とせず、隠したいことがあるようだ。KOBAMETALは中元すず香のプロデューサーであり、ゆいもあは添え物であり、場末の見せ物小屋の檻に入れられてるだけなのだが、それを明確にしたくないのだろう。KOBAMETALが中元すず香のプロデューサーであり、ゆいもあはどうでもいいという事実を鮮明にするのが嫌なのだと思われる。この世の中には察しが悪い鈍感なひとがたくさんいるもので、雲煙のように遊弋する不安と疑惑の粒子が像を結び、なんらかの重大な答えを暗示しているというのに、一望千里の大平原で余すところなくすべてが明晰に見えなければ信じないらしい。KOBAMETALはアミューズのキッズ部門の人間ではないと言い切っていいだろう。形だけはキッズ部門に出向しているらしいが、本当にキッズ部門の一員になったわけではなく、人さらいに来た不審者だ。中元をプロデュースする都合上キッズ部門に移ったのだ。ゆいもあが早期解放された場合には、KOBAMETALはキッズ部門の功労者と言ってもいいが、それはないであろうし、ゆいもあが滂沱のごとく流している血涙が一滴も出なくなるまで酷使される可能性が強く懸念される。イロモノで有名になるのはいいが、イロモノを人生そのものにされたらたまらない。アミューズ社には利益をもたらしたことで評価されるだろうが、中元すず香のプロデューサーがゆいもあを使い潰すとすれば、その部分は人権問題として汚点となるだろう。さくら学院としても、ゆいもあが隠されてしまったので、連続性が失われた別物になった。キッズ部門としては、ゆいもあに絡んで欲しいだろうが、KOBAMETALはキッズ部門から離れているはず。金塊を根こそぎ奪い取った銀行にもう一度強盗に行く人間はいない。武藤彩未ちゃんの世話になったという人はたくさんいるのに、中元の世話になったという証言がひとつもないのだから、KOBAMETALといいお仲間なのだろう。ゆいもあが個人活動をするのにBABYMETALの解散は必要ないはずであり、平行してやればいいだけなのだが、個人活動するとなればKOBAMETAL以外のアミューズ社員が担当するので、主導権を奪われても困るから何もやらせないのだ。信頼関係など無く盗品だからこそ厳重に管理されている。あちこちで死の灰を降らせて恨みを買っているのだから当然の警戒心といえるが、ゆいもあは担当社員がいない幽霊のような状態であり、これもKOBAMETAL+中元すず香が練りに練った作戦なのである。いずれゆいもあも中元を恨むことになるが、簒奪者として生きる帝王学なのだろうし、怨嗟の念を持つ人間が一人や二人増えても変わりがないのだろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング