これからグループアイドルは斜陽となっていく。泰平の時代を終わらせるべく黒船として登場したのがBABYMETALだったのだが、そのベビメタのプロデューサー(中元すず香のプロデューサー)が独裁者として横暴に振る舞い始めたので、ベビメタも頭打ちである。本来ならベビメタが黄金時代を築くはずだったのに、なぜか迷走しているし、マーケティングで粉飾しているが、紅白も落選したわけである。

単品では売れない粗悪品をグループとして売るということにおいて、ももクロは画期的であったし、ゴミの集まりを巨大ビジネスにしたのは凄い。ももクロは欲の無さが魅力だったと思うのだが、プロデューサーの強欲さや、メンバーの慢心を感じるようになったため、かなり急速なファン離れを招いた。無欲だからこそ魅力があったのに、人気の理由に気付いていなかった、もしくは川上が傲慢すぎてどうにもならなかった。

こういう流れの中で浮かび上がってきたのが南條愛乃である。南條さんは膝痛があるので紅白は欠場の可能性もあるが、ともかくももクロやBABYMETALが落選する中で選ばれたわけである。μ's(ラブライブ)としての選出ではあるが、やはり南條さんの素晴らしさが認められたのも大きいであろう。

南條さんくらいに立ち姿が美しいアイドルというと、山口百恵まで遡る必要がある。山口百恵から南條愛乃に至るまで、その30年くらいは完全な端境期でしかなかったし、歌唱にこだわる変な風潮があっただけである。そんなに歌唱力が自慢ならアイドルを名乗らないでシンガーになればいいのだし、恐るべき不作の時代が続いていたのだ。南條さんは膝が壊れた31歳のおばさんであるし、歌も特別にうまくはないので過大評価は禁物だが、やはりポージングのセンスの素晴らしさは飛び抜けており、これだけステージ映えする存在というと山口百恵まで遡るしかないのである。

南條さんが紅白を欠場するとしても、選ばれたことに変わりはないし、これからはソロアイドルの時代になる、もしくは、グループ活動とソロ活動を平行するのが流行りそうな感じがする。本来ならBABYMETALがそれをやるべきだったのだが、内部事情は不明ながら、どうもプロデューサーが中元にしか権限がないらしく、ゆいもあはサイドダンサー扱いで口にガムテープを貼っておくしかないようだ。

アイドルブームが終わりつつある雰囲気もあるが、これはももクロ方式で作ってるグループが多いからであろう。雑魚のまとめ売りにはうんざりしたということなのだ。南條さんみたいに単独でやれる傑出したメンバーがいないグループは、ももクロの量産型として消えていく。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング