われわれ菊地最愛原理主義者は死に絶えるべき命運であるが、すっかり堕落したとされるわれらが天子についての所見だけは述べておきたい。今回の色恋騒動はスターダストの謀略であり、すべてはデマである。もあちゃんは絶対に処女である。スターダストが、自分のところの男性タレントともあちゃんの色恋の噂を流すとか、そんなミエミエの工作をするはずがないと言うかも知れないが、それくらいにスターダストは切羽詰まっている。横浜アリーナの前日にもあちゃん非処女疑惑が出るなど、これが工作でないとしたら何だというのだろう。ももクロと恵比寿中学というコンテンツが不良債権になりつつあるのだから、ベビメタを狙い打つ動機が最もあるのはスターダストである。ベビメタの登場で粗悪品のアイドルが通用しなくなった。AKBは粗悪品過ぎて逆に大丈夫だし、ハロプロも完全なB級アイドル路線だから被害は少ないが、スターダストはかなり影響を受けたのである。中元すず香というプロの二軍の歌手が他のアイドルを公開処刑している構図だったわけであり、中元がアイドルブームに水を差したのだ。とはいえ、それができたのはゆいもあのアイドル性の高さ故であり、ゆいもあのアイドル性に傷を付ければ中元というドブスは無力化できる。だからスターダストはゆいもあを傷物とするべく謀略を始めたのである。今回の騒動に関して、このデマを既成事実とするために、「もあちゃんだって恋愛くらいするよ」「もあちゃんに彼氏がいない方がおかしい」というような応援を装ったネガキャンが行われている。ドルオタ嫌いのベビメタファンがそう書いていることもあるだろうが、ほとんどはスターダストの工作員である。この問題は対処が難しく、セックスするなという主張は、このリベラルな社会では政治的に正しくないのである。とはいえ「セックスしてるのが当然」という非処女イメージを塗りたくられてよいことなど全くない。多くの人は少女の恋愛に理解のある素振りをしながらも失望し他界していくのである。そのような偽善的なよそよそしい風潮の中で天子たるべき偶像が朽ち果てていくことを憂いているのである。ベビメタは土日祝日の恵まれた日程でやっているから、その分は差し引く必要があるが、横浜アリーナでチケットがオクで二万円を超えるような金額になるのは動員力がかなりあるわけである。ベビメタの熱狂的なファンは明らかに減っており、言及数も少なくなっているが、しかし動員だけは落ちてないように思えるので、ブランド力で一般層を掴めていると考えるしかない。ミーハー層が「一度くらいは見てみたい」という立ち位置なのであろう。恵比寿中学はそういう好奇心を惹起しない中途半端な存在になってしまったので、同日のさいたまスーパーアリーナで売れ残っている。ベビメタは意外と固定ファンが少ない、というより運営側が固定ファンを作ろうとしてないので、ブランドイメージを損なうととても大きな被害である。世間がどう思おうが応援するというハロオタの体質とは真逆であり、ブランドイメージに敏感な薄っぺらい客層であるから、ベビメタのライブに参加するのがオサレでなくなったら終わりなのだ。ゆいもあのアイドルイメージだけを都合良く使ってドルオタを切ろうとしてきたのがKOBAMETAL(中元のプロデューサー)なのだが、ゆいもあという極めて模範的な人物を囚人番号しかない奴隷のように扱い、自己満足で虚像を描いていたら他の芸能事務所のデマで書き換えられて傷物になったのだから、まさに能無しと言うしかない。次の標的は水野由結ちゃんであるし、なにかのデマをスターダストに流されて、ゆいちゃんだってセックスくらいするよと、そういう工作をされるのだろう。ゆいもあがアイドル活動しているなら、われわれ菊地最愛原理主義者はこんなミエミエの工作活動に屈したりしないが、なにしろアイドルではない状態であるから、すっかり遠い世界の人であるのだし、こうやって異境の地で敗死するだけである。ベビメタのブランド戦略は露出制限をやり過ぎて、デマを流されやすい脆弱性がある。芸能事務所なら今回のように実在するタレントを使っていかにももっともらしい色恋のストーリーは作れるのだ。素人が空想で書く適当なデマとは桁が違うわけである。水野由結ちゃんのセフレが誰になるのか知らないが、あちこちで準備工作が行われているのだろう。もあちゃんが非処女扱いになるなど予想もしなかったが、これだけ表に出てこないと、かつての聖なる黙契も時間とともに廃れ、人間もたやすく変節し、多感な少女の心変わりなどよくあると思われたりするのだろう。これからゆいもあの艶聞まみれの淫獣伝説があれこれと作られていくわけだ。ゆいちゃんは一日に五人とセックスしている設定にされる。もあちゃんが非処女枠に入って、それが既成事実化しているのだから笑い事ではない。菊地最愛原理主義は壊滅したが、イロモノだったベビメタがブランド品になれたのはゆいもあの立派な人間性ゆえであったことは強調しておきたい。こうやってゆいもあが鞭打たれ汚名を背負い、中元だけが無傷に終わるのであろう。これからもあちゃんという貴人はキラキラネームの男女と遊び歩いている非処女という風評被害を受け、不名誉のすべてを背負い転落を続けるのであろうが、いずれ天子として再臨するための貴種流離譚であることを願うだけである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング