http://www.media-kankyo.jp/contentbusinesslab/20151127_3286.html
affc41afd9cdcc3a1f1407baa35fea56.jpg

ベビメタはファンが減っているように見えるのだが、これは本当に減っているのである。
これはアミューズ社が故意に減らしているからである。
2015年3月まで必要とされていたドルオタはいきなり粛清されたわけである。
もあちゃんがスターダストの男性タレントと交際しているという設定にされたのは、スターダストのネガキャンなのは明らかだが、現在の露出制限したイメージ戦略だと、こういう工作をされるのは仕方がないのだろう。
世間的にはもあちゃんは非処女で恋愛しているということになったわけである。
水野由結ちゃんもいずれ熱愛騒動とか工作されるわけだ。

メタラーは切り捨てられてはいないし、ギミックとして必要ではあるのだが、党員として確保するつもりはないわけである。
そもそもメタルが本当に好きならベビメタに飽きるのが普通であり、ファン離れは起こっている。
現在でも残っているのは自称メタラーなのであろう。
そもそもメンバーがギターを弾けるわけではないので、(もあちゃんはそこそこ出来るはずだが披露できるレベルではないだろうから)、メタルサウンドを追求しても不自然である。
メタラーにもコアなメタラーとライトなメタラーがいて、X JAPANしか聴いてないような浅いメタラーだけが残っている。

われわれ素人にはミーハー層(無党派層)というのが見えづらいのだが、アミューズ社は当然ながら把握しているわけである。
無党派層は移り気にあちこちを転々としているが、0票ではないわけで、票は持っている。
ベビメタはここ最近だとミーハー層をかなり掴んでいるはずで、ファンが減っているのに動員力があるのはそういう仕組みなのであろう。

ベビメタはラブライブとは真逆なわけである。
現時点で最大の商品価値のあるコンテンツはラブライブである。
アニメとゲームも含んだ話であるからμ's単体でこれだけの価値があるわけではないが、ともかくラブライバーだけが関心を持っているわけである。
南條愛乃さんは史上最高のアイドルだと思うのだが、世間的にはまったく知られていない。
結局のところ、ゆいもあ難民は南條さんに移動するしかないのである。
わたしもここ最近はベビメタの映像とかまったく見てないし、延々と南條さんの動画ばかり見ているから、遁れる場所はあるわけである。
本当はラブライバーとして高名なもあちゃんがμ'sと共演する場面とか見たかったのだが、これはアミューズ社の商法には合わないのだろう。

いきものがかりの熱狂的なファンとか一度も見たことがないが、オタ気質のないミーハー層が漠然と見たりするわけで、ベビメタも何かこういう薄味の曖昧な立ち位置を目指しているのであろう。
ともかく熱心な党員ほどベビメタ界隈から粛清されるという流れにあるのだから、菊地最愛原理主義は死に絶えるしかないのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング