http://www.mutoayami.jp/news/201512/16214833/
いつも武藤彩未の応援をして頂きありがとうございます。
武藤彩未は2015年12月23日のワンマンライブを持って一旦、活動をお休みさせて頂きます。
表現者としての自分の気持ちを確信に変えるため、心を育てる時間を作るために、
今ある場所を離れ、新しい環境に身を置きたいという本人の強い意志を尊重し、
彩未が悩み抜いた結果、導き出した決断を私たちスタッフも応援していきたいと思います。
いつも応援してくださっている皆さまにおかれましても、
武藤の新たな一歩を応援して頂けます様お願い申し上げます。
スタッフ一同


最初に赤坂Blitzで休業という話を聞いた時は英断だと思ったわけである。
ゆいもあ効果も消えてるし、ひとまず流れを切って、少し時間を置いて痩せてからリスタートした方が望ましい。
休業ということならチケットも売れる。
そういう戦略的な休業をアミューズが考えたと思ったわけである。
だが退社となると、まったく話は違う。
この発表だと退社とは明記されてないが、アミューズ退社としか読めないのも確かである。
退社させられたのか、退社したのかは不明である。
「武藤を契約解除した」と書くわけ無いし、本人の意志だと世間には説明するから、真相がどちらであっても、あくまで自分でやめたということになる。
さくら学院がもはや最大のストレスかもしれないので、武藤さんがさくら学院の設定から遁れるために自らやめるという可能性もあるだろう。

わたしとしては、先行販売の赤坂のチケットは買ったから、行く気はあまりなかったが金を払うことで義務は果たしたであろうし、武藤さんが痩せるまで南條愛乃さんに移動しておこうと考えていたのだが、アミューズ退社となるとかなりショッキングであり、これは愁傷の極みである。
ゆいもあとしては故郷がなくなるようなものであり、武藤さんが退社するなら、ゆいもあにとってさくら学院など何の価値もあるまい。
すべての楽しかった思い出も苦味となるだろうし、灰燼に帰したモノクロームの風景を想いながら今は亡き少女に捧げるべく、失われた故郷へのむなしい望郷詩を綴るしかないのだ。
痩せてさえくれれば武藤さんはまだまだかなりの美貌は残しており、素材としての価値はあるから、まさかこんなことになるとは考えてもいなかった。

ゆいもあを崇拝しているわれわれ菊地最愛原理主義者としては、この耐え難い苦界において、武藤さんが痩せて売れてくれれば望ましいし、何よりも水野由結ちゃんは飛び跳ねて喜ぶだろう。
ゆいもあ崇拝の結節点とも言える武藤さんが完全離脱となると、ゆいもあ崇拝の取っ掛かりが完全になくなる。
もあちゃんは水野由結ちゃんの代弁として彩未ちゃん彩未ちゃんと言っていたのだろうけど、痩せた武藤さんが活躍してくれれば、ゆいもあとしても自分たちの代わりに活躍している武藤さんを励みにつまらないショービジネスに耐えられるであろう。

たまたまスタッフがアミューズ退社と誤解される書き方をしたのかもしれないから、これ以上は筆を走らせずにおくけれども、武藤さんの休業が戦略的なものではなく先が見えないものであるとしたら、われわれは悲憤慷慨するしかない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング