大人の世界でもパワハラはあるけれども、権力者からしか嫌がらせを受けない。
学校はそれとは違っていて、四方八方から嫌がらせをされる可能性があるし、「やり返す」ことが求められる。
最近だと子どもに「やられたらやり返せ」とは言わないだろうが、ともかく自分でどうにかしろということなのだ。
大人のパワハラでこれはあり得ない。
上司から嫌がらせをされている人に「やられたらやり返せ」とアドバイスする馬鹿はいない。

つまり学校というのは、刑務所の雑居房に近いのである。
スクールカーストがあるとしても、これは上司と部下ではないので、バトルロワイヤルという側面もある。
そして自力救済が認められている空間である。
というより、警察がないから、自力救済しかない。
自力救済は大人の世界では禁止されており、ものを盗まれたからといって、それを暴力的に取り返すことは認められていない。
学校だと自力救済が推奨されている。

「嫌われる」のを畏れるのは学校時代の後遺症である。
大人になると権限のある権力者だけが嫌がらせを出来るわけだから、やるかやられるかのバトルロワイヤルではない。
だから四方八方に媚びる必要はないはずなのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング