馬鹿は「馬鹿なことはやめろ」とよく言われるので、「俺は絶対にやめない」と反発するわけである。
これは果たして意志であるだろうか。
意志とはなんぞやという究極的な問題はここでは問わないが、常識的に考えて、選択しているからこそ意志である。
馬鹿は自分の意志で選んだ上で馬鹿をやっているのではなく、衝動的な発作なのである。
意志だというのなら、馬鹿をやめることも可能なはずだが、たぶん無理であろう。
馬鹿をやめるとは、雑念や衝動で身体が動きそうになっても抑えることである。
というより、まともな人は、無理して自制しなくても、自然体でおとなくしていられる。
奇声を発したりバタバタしたいのを我慢しているわけではない。
「俺は馬鹿をやめない」と言うのが意志の選択であるなら、本当は真人間になれるが、敢えて馬鹿をやる道を選んでいるはずだが、果たしてそうなのかというとかなり疑問があり、落ち着いて普通にしていることが出来ないのが実際であろう。
なんか知らんが、馬鹿というのは馬鹿をやるのが楽しくて仕方がないのである。
もちろん馬鹿なことを繰り返していればろくな結果にならないので、結末が楽しいはずはないが、それでも馬鹿をやっている時は楽しいのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング