CM10本とレギュラー番組10本を抱えているベッキーが大変なことになっている。CMはほぼ全滅であろうし、番組の方も怪しいと思われる。31歳だからここで一気に世代交代に向かうであろう。かなり大きな枠がぽっかりと空くので、司会能力が高い20代前半の美人が求められている。

武藤彩未さんがアミューズを解雇(円満退社)になるのかどうか知らないが、常識的に考えれば、痩せるかどうか見極めているところであろうと思う。慌てて解雇(円満退社)するのは愚策であるし、しばらく放置した上で、痩せないと確信したら解雇すると思われる。

さて、武藤さんは痩せたら美人である。ライブ終了後に痩せている映像があるから、これは想像ではなく紛れもない現実である。20代でも通用する美貌の持ち主であるから、痩せたらアミューズ残留になると思うが、それでもアミューズ内部では武藤アレルギーが根深いに違いない。自業自得とはいえ「武藤だけはめんどうなので担当したくない」という連中が大勢を占めている。そこで例外として浮かび上がってくるのが森先生である。そろそろ決起する瞬間が来たと思うのである。あくまで武藤さんが痩せた場合の話だが、アミューズであれば、痩せて美人になった武藤さんを司会者として推すのは容易いはず。そもそも武藤彩未さんくらいに言語流暢性が高い人間は滅多にいないので、トレーニングの必要すらない。トークのテンポやリズム感も天賦の才があり申し分ない。

果たして武藤さんにバラエティーが出来るのかという問題だが、放送作家として森先生を押し込めるならかなり期待できるし、森先生もやりたいはず。森先生は脚本家ということになっているが、そもそもは小島よしおと一緒にコントをやっていたわけである。脚本家としてさほど売れていないのが現状であるし、経歴からしても放送作家への意欲はかなりあるはず。普段の森先生の活動からしても、バラエティー向きであるのは間違いない。

ここでわたしが愚見を縷々と綴らずとも、森先生ならこの方面のノウハウはある。森先生が台本を書ける立場として参加できるなら、武藤さんも問題ないはず。今までは「音楽しかやらない」と言っていたので、森先生も常識人だから、門外漢である音楽には口出ししなかったと思われる。バラエティーともなれば、言うべきことはたくさんあるだろうし、緻密な戦略もあるはず。森先生がこれまであまり華々しい活動はなく草莽の身に甘んじてきたのは、武藤さんが馬鹿なので、どこかから都合のいい音楽プロデューサーが現れて大傑作ばかり書いてくれてスターにしてくれるとおめでたい状態になっていたからである。森先生は武藤さんを扱うことに特化された軍師であり、武藤彩未というジャンルにおいては諸葛孔明や太公望のような具眼者たる見識の持ち主であるが、このような天意を背負った人物が埋もれているのを発見できるかどうかが、これまでの甘えた自分を過去に置き去り、戦塵に塗れた乱世で天下を取れるかどうかの分かれ目なのである。本人のこだわっている歌に関してだが、タレントとして有名になった方が歌う機会が多いのが現状である。このままだと歌う機会さえない。あのベビメタというニューヨークで鞘師と同レベルのグループは調子に乗りすぎているし、水野由結ちゃんは拒食症が疑われている。群賊悪獣と言うべき中元すず香と小林啓をどうにかするには、武藤彩未さんが芸能界でのランクを上げるしかない。司会者としてなら武藤さんは芸能界で頂点に君臨できる逸材である。風紀が紊乱し、すべての価値が崩壊した例外的な時代である。この恐懼に堪えない閉塞を薙ぎ払うべく深紅の鞘から剣を抜き、決断主義者たらんことが求められる。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング