ここ最近はEQが低い人への差別が跋扈している。
興味深いのは、この現状をリベラルなひとたちが肯定していることだ。
つまり政治的に正しい人たちが、EQ差別を容認しているのである。
なぜかというと、おそらく根っこにあるのは、IQとEQが反比例するという発想である。
つまり知能指数で人間を選別するのが政治的に正しくないから、EQ弱者を差別することで、リベラルたらんとしているのである。

これは差別の構造として典型的な事例なのである。
差別はそれが行われている間は差別とは言われない。
差別が当然だと思われているわけだ。
EQ差別に関しては、2016年時点で誰も差別とは思っていない。
これがしばらくすると、積み重なった差別への反省として、重度の発達障害だから東大に入れるとか愚にも付かない逆差別政策に反映されるわけだ。

IQとEQが反比例するのかどうかは何とも言えないが、社会的エリートがナードであるのも、コンピューター社会ではひとつの傾向である。
とはいえ、IQが低い発達障害者など掃いて捨てるほどいる。
アスペルガーだから天才プログラマーであるなんて単純な話ではない。

野性的なDQNと、ナード系のADHDでは真逆のようにも思えるし、路上で暴れるのとネットで暴れるのとでは前者の方が圧倒的に悪事であろうが、見苦しさでは似たようなものである。
東大合格歴(中退)のある有村悠さんでさえ、36歳になってようやくトラブルを起こすのをやめようとしているわけで、「絶対に治さない」という自我の強さがあるのもADHDの悪印象である。

EQが高いと、学力や知能がたいしたことなくても、言動はしっかりしている。
難しいことは出来なくても、そうでなければずいぶん手際が良くて器用にこなすので、むしろ優秀なのである。
EQが低いと、言動がしっかりしていない。
普通のことがちゃんと出来ない。
だから発達障害者へのバッシングは公然と行われるのだが、だからこそ差別なのである。
発達障害者は挙動がおかしいが、だからこそ、それを排除するのは差別である。
EQを礼賛するのがリベラルだと考えている連中は、発達障害者への差別について自覚した方がいいだろう。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング