なぜ人間は大義名分を必要とするのだろうか、という問題は難解であるし論述が煩瑣になるので、ひとまずネットのことだけに絞りたい。まとめブログはいくら罵詈雑言を浴びようとも儲かるから続くわけである。どれだけ蔑まれようが、儲かるならやるに決まってるし、自分の作品ではないからこそ、粗悪な切り貼りを酷評されてもダメージはない。瘴気漂う暗渠の最深層にいるのだから、仄暗ささえない完全なる漆黒の闇では、底が抜けても堕ちるところがないし、失うべき信用は一欠片もない。大手まとめブログは副管理人をバイトで雇っているし、会社形態にしているところもあるだろうが、このレベルの個人企業にコンプライアンスの問題を突き付けても意味がない。たとえば、有名なネット企業が大手まとめブログを運営していたと発覚したら、おそらく大炎上するであろうし、これはコンプライアンスを厳しく問われるであろう。ここでわれわれが困惑するのは、たとえばローソンのバイト店員がアイスケースの中に入ったとして、その不祥事を徹底的に叩き潰すとしても、別にローソンに恨みがあるわけではないことだ。本当の仇敵は、そのような炎上騒動でアクセスを稼いでいるまとめブログのはずである。殴れる相手を殴るという力学の結果として、なぜか敵陣の麾下に置かれており、不倶戴天の悪魔がさらに魔道の版図を広げていくのである。無産政党の赤色分子でさえ消費者としての権利があるのだろうし、ネットでネガティブキャンペーンを行い、立派な看板を掲げている大企業の倫理の綻びを槍玉に上げることは出来るのだし、それはひとつの消費者運動として正義なのであろうが、これはネットユーザーの力ではなく、この大衆消費社会において、消費者への施しのようにして与えられた権利なのである。そのような暴徒の騒擾により緊迫感を増大させ、企業のモラルを向上させられるのなら、それはそれで好ましい副産物と言えるが、この正義は、決してわれわれが空に手を伸ばして渇望した想いが像を結んだものではないし、あくまでそこら辺に転がっていた棍棒なのである。消費者運動に身を投じるつもりなどなかったのであり、たまたま大義名分として使いやすかっただけである。消費者を無碍には出来ないという弱みにつけ込み、炎上を畏れる法人に揺さぶりを掛けるというやり方は総会屋そのものである。金銭の授受がないと言うかもしれないが、まとめブログ管理人がなぜ豪邸に住んでいるのか考えてみるといい。われわれは総会屋になるために蹶起したのかと問い直さなければならない。消費者運動という大義名分に甘んじて暴れるだけでは巨悪は討てまい。バイトが馬鹿なことをやったという理由で大企業を追い詰める行為はまとめブログに協力的とも言えるし、あいつらの手駒として暴れるだけの恥ずべき軍歴である。まとめブログが嫌いだと口を揃えるのは欺瞞的であるし、新聞やテレビに煽られていた20世紀からまったく成長していない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング