三角関係というと、恋愛感情の話とされるが、同性でもあり得る。
曖昧模糊とした話であるから体系的に縷術することはできないが、雑駁たる話題として提起しておきたい。

五人グループとかで「この人がいなくなったら残りの四人で集まることはないな」というのはあるはずだ。
必ずしもリーダーとは限らず、親しさの中心なのである。
その人がいなくなると、実は残りの四人がたいして親しくないことに気付く。
この現象に名前が付いているのかどうかは知らない。

すごい美人を巡って競い合っているわけではないから、大人だとたいしたことではなく、他の面子に違和感があるなら何の未練もなく離れるだけだが、子どもは友達を作るのがノルマなので、人気者のA君と親友になるために争わなくてはならない。

実のところ、このA君みたいなのは、親が決めた友達だったりする。
親から見て理想的であるらしく、その御推薦もあるから、営業ノルマを果たすべく友達でいるしか無く、こいつと友達にならない方が平和だという発想はあり得ない。
「このグループって、おまえと親友だという人の集まりで、おまえがいなかったら他の面子はまったく仲良くないよな」という冷静な分析も子どもではできない。

このA君が何股も掛けて愉しんでいるという誹りを受けるべきなのか、それは知らない。
嫉妬を誘発して悦に浸っているのか、それはわからない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング