人間は若いと肌理の密度が高く、綺麗な光を反射するので、娘盛りの女は男の脳を性的に刺激する。その素肌の燦たる眩しさを失った中年女性は枯れ葉でしかないし、性としてのターゲットから外れる。この美-醜の感覚に究極の根拠などあるまいが、われわれは究極の真理から隔絶されていて、人間的真実が現象するレイヤーに存在しているから、ひとりの被造物として、その本能的に決定された実存的な真実に従うだけであるが、とはいえ、こういう殺伐とした生命の重力に疲れ果てており、永眠するようにこの次元から超脱したいと願うこともある。若い女に懸想し、どうしてもその膣内に男根を挿入したいという本能の飢えは、病臥で褥瘡が広がる疼痛のような苦しみしか生み出さないのであるし、若さを消費されるだけの女が生起しては廃棄されていく地獄のような世代交代を見ていると、俗世間から遁走したいと夢見ることもあるわけである。そのようにして蹌踉するボートピープルが辿り着く深山幽谷の世界が南條愛乃さんなのである。ステージ上ではリプニツカヤのように見えるが、このビスクドールの実態はただのおばさんであるから、誰ひとり性の対象として執着していないので、性欲が枯れ果てた奇跡的な空間が現出しており、また母親がアニメーターで本人が代々木アニメーション学院卒という背景も、オタサーの姫として完璧であるから、理想世界そのものである。富士山を自分だけのものにしたいと主張し、他の登山者を殺す人間はいない。山岳信仰の素晴らしさである。脳ではなく性器こそが自我の中心点であるとすれば、その我執に囚われたわれわれの蒙を啓き、女への未練など捨ててさっさと老耄し、性欲を遠い昔のくだらない願望にしてしまう。南條愛乃さんの眼睛の前では誰もが性的不能者にならざるをえない。花鳥風月を愛でる老境の趣味人として、誰のものでもない大自然を賞翫し歌うだけなのである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング