もはや三島由紀夫とかドストエフスキーの水準の文学作品が出てくることは考え難い。ノウハウが蓄積されてしまっているので、完成度が高い及第点の作品が作りやすく、非常識なことは出来ない。非常識な作品を書くのは自由だけれども、下読みに落とされて終わりであろう。音楽もノウハウの蓄積が済んだので文化として終わっている。若者が音楽を聴かないというが、最近の音楽を思い浮かべれば、これは当然の理であろう。文化はすべて開拓されて企業に支配されたから、もはや人跡未踏の地がない。工業製品や科学技術は、ノウハウの蓄積で発展していくのだが、個人のインスピレーションに頼る芸術は、逆に進歩が阻害される。初音ミクもセミプロの集まりになっているし、あまりにも音の仕上げがよすぎる。仕上げの素晴らしさを難ずるのはおかしなことだが、ともかく音作りのノウハウがしっかりしており、もはや素人は遊べない。作曲より編曲のスキルのほうが重んじられている。これはアメリカのチャートを見ていても感じることであるし、やたらと完成度が高いのに新奇性がなく、ジミ・ヘンドリックスがギターを燃やしていた時代は遠い過去である。ジミ・ヘンドリックスはギタリストとして誰もが史上最高と認める天才であるから、ギターを燃やす必要はなかったが、それでも革命児たらんとして燃やしていたのである。秀才は天才に勝てないというのは文化の勃興期に限られるし、ノウハウが出揃うと、そのノウハウを持っている大企業が支配するので、天才は秀才に勝てなくなる。ネットがあるのだから、素人が荒削りなスタイルでやって発表することは自由だけれども、大企業の資本を投じた完成度の高い作品があるかぎり、粗末に見えるのはわかりきっているから、「自分もやってみよう」という気が起きないのであろう。マディ・ウォーターズ(1913年生まれ)はギタリストとして極めて多大な影響を与えたし、ジミ・ヘンドリックスもその衝撃を受けた一人であるが、当時の楽曲製作の技術そのものの低さもあり、今から聴くとまったくたいしたことがない。だからこそ、「自分もやってみよう」と感化されて、多くの青年がギターを手に取ったのである。現在のように音楽産業が末期症状を示すほどに肥大化していると、同じことが出来るわけないしお手上げだから、「自分もやってみよう」と刺激されることはない。ゲームも完成度が高まりすぎて、もはやファミコン時代の素朴なゲームの出現は難しくなっている。科学技術は集団的な知性だからそれでいいが、個人のインスピレーションが何よりも大事な芸術は衰退していく。方法論の硬直化によって巨大な塔が壊死して倒壊し完全に滅びてくれると、また新しいインスピレーションでギターを燃やすことが出来るし、個人の閃きが恢復し、それはジミ・ヘンドリックスを超えたものになりうる。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング