かつて有村悠さん(36歳)というひとがネットで大暴れしていた。
有村悠さんは両親ともに高卒であり、父親が女を作ったとかで離婚しているが、その母子家庭の中で、母親からずっと父親の悪口を聞かされながら育ったのである。
母親が絶対正義で父親が絶対悪という二元論で洗脳された。
これが離婚家庭の病なのだ。
色事を憎悪する母親から禁欲主義的に育てられ、勉強だけをして東京大学に入学するが、無教養貧困母子家庭の悲しさか、中退することになる。
そして「ママのせいだ」と叫んでリストカットするなど大暴れして、東大中退という経歴の面白さもありずいぶん話題になっていたが、ここ最近はかなり快方に向かっている。
有村さんのどこが変わったかというと、だんだんと母親を小馬鹿にし始めたことなのである。
母親に関して「あれはもうどうしようもない」とか言うようになってから落ち着いてきたと言えるし、暴れるのをやめようという意思も持っている。

八歳から芸能活動を始め、現在三度目の休業中である武藤彩未さんは摂食障害だと言っていいと思うのだが、おそらく母親とアミューズ社員が喧嘩するのを見ながら育っているので、誰のいうことを聞いたらいいのかわからない状態で生きてきたのである。
アミューズ社員を味方にしたほうがいいに決まっているが、母親と縁を切るわけにはいかないので、アミューズ社員と母親が喧嘩するなら母親に付くしか無い。
武藤さんはかなり優柔不断で頑固な性格なのだが、おそらく母親とアミューズ社員の言うことが違うので、意思に葛藤が生じやすいと思われる。

それはいいとして、心配されるのは水野由結ちゃんである。
中元すず香の父親は売れないミュージシャンだったそうだが、つまりプロの二軍である。
父親が二軍で娘も二軍だから似たもの親子だが、たまたま中元のプロデューサーが水野由結ちゃんを強奪するのに成功したので、あたかもプロの一軍であるかのように振る舞うことが出来るようになった。
自分のプロデューサーがやってるからずいぶんいいご身分だが、本当に世界の頂点まで行けるのは水野由結ちゃんなのである。
だからこそ、奪い合いの対象となるのであり、すっかり骨と皮になっていたりして、今後の摂食障害の深刻化が懸念される。
水野由結ちゃんの奪い合いに関して、母親はおそらく関与してないので、その分は軽症だと考えたいが、やはり水野由結ちゃんを自分の陣営に引き込むためにひとびとが争い合う血腥さと共に育っているから、すでに摂食障害の兆候が出ていることは、未来の破滅が予感される。

BABYMETALはレディ・ガガの前座をやったのを功績のように語っているが、あれ以降ガガからオファーがないので評価は察しである。
アリアナ・グランデから「知ってます」と言われただけでリップサービスされなかったから、これも察し。
レディ・ガガやアリアナと同じステージに立つ資格があるのは水野由結ちゃんだけなので、中元が足手まといになっている。
中元は二軍の父親と一緒に二軍のバンドでもやってろよ。
水野由結ちゃんが世界の頂点に立つのを邪魔しないでもらいたい。

電通の国際事業部門局次長だった香川健次郎さんが3月15日にアミューズ執行役員になってから、ベビメタの宣伝がうざすぎるのだが、東京五輪の件で電通が二億円の賄賂を渡したのがフランスの警察で捜査されているそうだから、今後が楽しみである。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング