たとえば安倍晋三の妻が森永製菓の娘であり、電通社員だったことは、それなりに知られているだろう。
これは新事実ではなく、多くの人が知っているわけだ。
だから「今さら」なのである。
安倍晋三と電通がつながっているのは明らかだが、今さらすぎるので、これについて述べても無反応なのである。

世の中のカラクリはあらかじめバラされている。
なんとなく知らせておいたほうが、事実の風化が起こるからである。
世の中そういうものだと諦めさせる効果がある。
安倍晋三の妻が電通というカラクリはすでに知られているから、まったく衝撃がない。

東京五輪と電通の関わりなど、今さらすぎるから、二億円の賄賂という話が出てきても、まったく盛り上がらない。

ではどうすればいいのか、というと、どうしようもないのである。
この二億円の件に関しては、日本のメディアでは、JOCが払ったと虚偽報道されているが、フランスでは電通が払ったということで捜査されているようなので、逮捕者が出るかどうかであろう。
万が一電通社員が逮捕されれば、新事実としての衝撃がもたらされる。

外圧でしか変われないというが、つまりそれは腐敗のカラクリは知っているからである。
安倍晋三の妻が電通とか知ってるし、安倍が総理大臣になってから電通の専横が極まっているのも、今さらということで盛り上がらない。

たぶん日本に限らないであろうし、どこの国でも腐敗のカラクリはだいたい知られているのだが、知られているからこそ意気阻喪してしまう。

スポンサーの金で生活している文化人とか芸能人が口を閉ざすのはわかるが、スポンサーと無縁なネットユーザーでさえも、なんか飼いならされているのである。
新事実が出れば大騒ぎするだろうが、そうでもない限り、何もしない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング