単純労働という概念に疑問を抱いている。
高度な専門知識や高い知力を必要としないから単純ということなのだろうが、実はそれほど単純ではない。
専門知識や知力が不要という点では単純であるとしても、注意力がしっかりしてなければミスの連続になる。
いわば注意力エリートである必要があるのだ。
高度で難解なことはやらなくてもいいが、注意深くノーミスでやりぬく義務はある。
注意力が安定してないとミスだらけになるから、果たして単純労働が単純なのか疑わしい。
注意力エリートは内面の空想とか雑念を完全に抑えている。
これは無理して抑えているのではなく、ごく自然体に、雑念をコントロールしているのだ。
注意力エリートは、上の空というエアポケットに入るようなことがない。
注意力エリートは外面世界の把握がとてもしっかりしている。

注意力と集中力はやや似た言葉だが、注意力は安定感が必要とされている。
たとえば八時間なら八時間安定して作業が出来るというのが注意力である。
集中力というと、八時間でやることを一気に四時間で片付けてしまうような馬鹿力を意味することもあるだろう。
ともかく、注意力と集中力は似たような言葉だし、同じ意味であることもあるが、集中力はわりと短期的な没頭であり、注意力は長い時間の安定感を意味することが多いように思う。

ともかく単純労働者は流れの中にいるから、ミスをしないように注意力エリートであることが求められる。
普通の人が八時間でやることを四時間で片付けるようなことは求められてなくて、八時間安定してきっちりやらなくてはならない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング