sayashinakamoto.png


ここ最近、さくら学院の卒業生三人が揃って芸能界引退したり、武藤彩未さんが解雇されたのは、中元すず香のプロデューサーである小林啓が相当に幅を利かせているからであろう。

まずベビメタの動員力は正真正銘の本物である。
使っているお金が他のユニットと違うので、あまり賞賛するべきではないが、綺羅びやかなのは間違いない。
これに関してはマーケティングがどうこうという話ではないであろう。

問題なのは、中元すず香の個人人気がまったく上がってないことであり、これなら全盛期の鞘師里保の方が遥かに人気があった。
鞘師は休業ということになったが、突然の事だったから卒業公演は行われてないものの、実質的なファイナルの武道館2daysは、わたしは一日目の方しか行ってないが、普段は使わないサイド席までかなり開けていたので実数で軽く1万人はいたし、過去形だが、それなりの人気はあったのである。

今のところ鞘師里保は休業で何もしておらず、アップフロントから給料をもらって遊んでいるだけだが、モーニング娘。の動員力低下を見るに、呼び戻すしかない可能性もあるわけだ。
だから鞘師の解雇はあり得ないし、いくら凋落したとはいえ、鞘師里保は、個人人気ならまだ中元すず香より上かもしれないわけだ。

ちなみにわたしが行った武道館ファイナルではだいたい若い女性ファンが半数くらいだったと思う。
あれだけオワコンと言われていた鞘師でも、いざやめるとなったら、オッサン5000人と若い女子5000人は集めたわけだ。
鞘師里保は(過去形だが)女子からもかなり人気があった。
ここはベビメタとは全く違う。

ともかく何が言いたいかというと、ベビメタの動員力は正真正銘の本物。
しかし、中元すず香の人気はかなり怪しい。
だからテコ入れの必要があるし、3月15日に電通の香川健二郎さんをアミューズの執行役員として迎えて、かなり大きな変化があったわけだ。

ベビメタは楽器演奏できないという致命的な弱点があるので、どこか他の事務所がギター弾ける女子を中心にしたユニットとか出してきたら、一気に凋落する可能性もあるし、永遠に無敵とは言えない。

アミューズは未だに公式サイトに香川健二郎さんの名前を載せてない。
あくまで執行役員だから法的な取締役ではないし、載せなくてもいいのだろうけど、他の執行役員の名前は載せているから、香川健二郎さんはミスターXと言うべき存在である。

われわれ日本人は、フランス司法当局の捜査の結果を待っているという情けない状態だが、これによって電通とBABYMETALの関係がどうなるか注目される。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング