これはたぶん書かなくてもわかることだろうが、念の為に書いておこう。
大学側としては、たくさん授業料が欲しいので、学生の親が金持ちであるほうが望ましいのである。
授業料というのは、高くしようと思えばいくらでも高くできるし、米国なら年間400万円が相場とされる。
普通の人に払えるわけがないと言うだろうが、だから普通の人では困るのである。
年間400万円を払える親の子どもが学生になればいいわけだ。
つまり人物重視とか言っているが、実際は授業料を年間400万円にすることが目標である。
この授業料の高騰に対して、奨学金の充実とか、授業料の無償化で対応するのは愚かであるだろう。

はっきりさせておくべきなのは、大学そのものは有り余っており、無名大学はどんどん潰れているわけである。
ブランド価値のある大学に入るのが難しいだけであり、ノーブランドであれば誰でも入れる。
ノーブランドの大学に入っても意味が無いので、ブランド商法として成り立っていることだ。
ともかく無名大学なら腐るほどあるというのは理解しておく必要がある。

親が金持ちであるほうが優秀である傾向があるのは確かだが、逆に言うと、親が金持ちでも一般入試で落ちるのは相当に出来が悪いのである。
矯正不能の馬鹿だと断定していいわけだ。
この層を欲しがるとしたら、やはり授業料を高騰させたいのであり、歴史的な経緯でブランド価値を持った大学が、それでビジネスをしようとしているだけである。
これを安易に返済不要の奨学金その他でサポートするべきではない。







スポンサードリンク

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
スポンサードリンク
RSSフィード
プロフィール

ukdata

Author:ukdata
FC2ブログへようこそ!

katja1945uk-jp■yahoo.co.jp http://twitter.com/ukrss
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
アクセスランキング